お役立ち情報

WindowsでもMacと同じ「英数」「かな」切替にすれば効率化ができる

更新日:

普段のプライベートはMacを使ってるけど、仕事ではWindowsを使ってる。

という人は実は多くいますよね?

私もその一人で、プライベートではMacBookProを使ってますが、仕事ではWindowsを使っています。そこで一番不満に感じるのが文字入力が違うこと。

OSが違うので、違って当たり前ですがMacで慣れてしまうと半角全角を押すことを忘れてしまい、無変換・変換を押し、またやってしまった・・と思う日々にストレスを感じるので、調べたらWindowsでもMacを同じ文字入力ができる方法があったので、お伝えします。

<事前準備 1>Google日本語入力をインストールする

Google日本語入力

上記リンクからダウンロードをクリックする。

 

同意してインストールをクリックするとGoogle日本語入力をPCにインストールできます。

 

ダウンロードをすると画面左下にダウンロードフォルダが表示されるので、保存をクリックします。

保存したファイルをクリックするとPCにインストールが始まります。

インストールが完了すると画面右下のタスクバーにGoogle日本語入力のアイコンが表示されます。
このままでは通常のWindowsPCの文字入力と何ら変わりらないため、ここからMacと同じように変換できるようにカスタマイズをしていきます。

<事前準備 2>プロパティから設定を追加してWindowsでもMacと同じ英数・かなの入力切替にする

Google日本語入力の「A」または「あ」を右クリックするとメニューが表示されます。
今回設定をしたいのが、プロパティに設定を追加するので、プロパティをクリック。

 

プロパティの中にキー設定をするする場所があります。ここでは、各キーの設定がされている場所です。

キー設定に追加設定をすることで、Windowsでも変換・無変換を押すことで英語/かなに切り替えることができます。

キー設定画面が表示されたら、左下にある編集をクリック→エントリーを追加から設定を追加します。

1番重要な設定

この「変換前入力中」→「変換・無変換」→「全角英数・ひらがなに入力切替」の設定を追加するだけで、WindowsでもMacと同じような入力切替が可能になります。

 

<使い方>WindowsのPCで無変換・かな変換を押すだけ!

使い方はとっても簡単!

英数に切替する時は、スペースキーの左にある無変換を押すだけ。

かなに切替する時は、スペースキーの右にあるかな変換を押すだけです。

たったこれだけで、文字入力の際にキーボードの上で指の移動距離が短くなるので、文字入力が速くできます!

 

もちろんWindowsの設定を残しているので、半角全角を押しても文字入力を変更することができますが、Macに慣れてくるとこっちのが入力するときにすぐに切り替えができるので、楽ですね。

この方法を知らないひとが意外と多いので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-お役立ち情報

Copyright© celvie(セルヴィ) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.