2018年買ってよかったもの 本音で選んだアイテム33選

【TP-Link】Wi-Fiルーター「Archer C6」の設定から通信速度までレビュー

PC周辺機器
スポンサーリンク

Wi-Fiルーターってどれがいいのか、迷ってませんか?

家電量販店などでは、BUFFALOやNECなど国産メーカーが有名ですよね?でも、設定が難しいと思いませんか?

仕事柄これまで数百台のルーターの設定をしてきましたが、1番簡単にルーター設定ができたのがTP-Linkのルーター。

今回TP-Linkさんから「Archer C6」をご提供していただいたので、開封から初期設定、良いポイント・気になったポイント、通信速度を踏まえてレビューしていきます。

 

TP−Link Archer C9の概要

 

スペック

Archer C6 仕様
ワイヤレス規格IEEE 802.11ac/n/a 5GHz, IEEE 802.11b/g/n 2.4GHz
周波数2.4GHz
5GHz W52
通信速度(理論値)5GHz: 最大 867Mbps
2.4GHz:最大 300Mbps
アンテナ4本の外部アンテナ
1つの内蔵アンテナ
CPUQualcommを使用
対応モードルーターモード・アクセスポイントモード
サイズ9.1 × 5.7 × 1.4 in (230 × 144 × 35 mm)
重量349 g
Amazonで取扱開始2018/9/26

 

Archer C6の外観


こちらがTP-Link Archer C6の商品

現在使用中のArcher A9が縦置きですが、Archer C6は平置きタイプですね。


Archer C6の付属品が4点

  1. Archer C6本体
  2. 電源アダプター
  3. LANケーブル
  4. かんたん設定ガイド

裏面の写真です。こちらに詳細を記載しています。

  1. 電源
  2. 電源ボタン
  3. リセットボタン
  4. WPS/Wi-Fiボタン
  5. WANポート
  6. ギガビットLANポート×4

アンテナが4本ありますが、1つ内蔵アンテナがあり計5本のアンテナを搭載。

 

TP-Link Archer C6の設定方法

  1. 電源アダプターをコンセントにさし、ACアダプタに繋ぎます
  2. 電源ボタンをオンにする
  3. LANケーブルをWANポートに差し込む
  4. 約2〜3分待てば準備完了

準備はいたって簡単。

 

たった4ステップですぐにWi-Fiが飛び始めます。

ただ、これだけではまだインターネットには繋がらないので、ここから初期設定をしていきます。

 

初期設定

TP-Link Tether

TP-Link Tether

TP-Link無料posted withアプリーチ

初期設定は、とても簡単!

 

アプリをスマホにダウンロードして、クイックセットアップの通りに進むだけで設定が完了します。

それでは、実際に設定した画面を見ていきましょう。

 

設定手順

設定手順
  • STEP1
    アプリを起動

    アプリを起動してArcher C6をタップし、ログインします

  • STEP2
    セット接続タイプを選ぶ

    基本的に、自動検出をタップするとルーター自体が検出してくれるので、ほとんど触らなくて大丈夫です。

    次にMACアドレスと呼ばれるルーター固有のアドレス設定画面が表示されますが、これも「変更しない」で進んでください。

  • STEP3
    SSIDとPWを設定

    Wi-Fiネットワーク名とパスワードの確認画面が表示されます。

    ここでWi-Fiのネットワーク名とパスワードを変更することができますが、ネット関係に強くなければ変えないことをおすすめします。

    ネットワーク名とパスワードはルーターの背面にラベルで記載してありますが、自分で変更してしまうと覚えていないと設定画面に入れなくなってしまいます。

  • STEP4
    最終確認

    Wi-Fiのネットワーク名とパスワードを適用すると設定がルーター本体に適用されます。

    時間にすると5秒程度待てば設定は完了します。

 

 

TP-Link Archer C6のレビュー

MU-MIMO機能 同時に複数台にデータ通信が可能

これまでのルーターは、複数台のスマホ・パソコンで接続する場合は、1つ1つのデバイスにデータ通信をしており、同時にデータ通信をすることはできませんでした。

複数の端末がある場合は、1台づつに通信をする手順をルーターが高速で切り替えながらしているようなイメージでした。

しかし、Archer C6では、「MU-MIMO機能」を搭載。

これまでできなかった複数台に同時のデータ通信が可能になりました

これにより同時接続時のネットワークの安定性が増し、どの端末でも高速通信を実現しました。

 

ビームフォーミング機能 遠くても端末を追尾して通信が可能

ビームフォーミング機能の最大の特徴は、スマホやパソコンの場所を検出して、そのデバイスに届くように電波を集中する機能です。

つまり、ルーターの近くならWi-Fiが強いけど、トイレや2階の自分の部屋だとWi-Fiが弱くなる可能性が少なくなるということです。

 

通信速度の実測値

やっぱり気になるのが通信速度。

ルーターは理論値が表示されますが、ユーザーごとに環境が違うため実際にでる通信速度にばらつきがあります。

今回は、1Gbpsの光回線で通信速度のテストを行いました。

2.4GHzの通信速度

5GHzの通信速度

2.4GHzは、障害物に強く遠くまで届く電波のため、通信速度があまりでないと言われていますが、ダウンロードは50Mbpsを超えておりYoutubeや映画のストリーミングも安定して見れます。

 

5GHzは、ダウンロードが257Mbpsとかなり高速。

インターネットゲームなどの通信速度が要求されるゲームも十分に遊べます。

 

良かったポイント

  • MU-MIMO機能で同時接続でも安定した通信品質
  • TP-Linkのアプリを使って約15秒位でセットアップ
  • ビームフォーミング機能で、移動しても安定したネットワーク

気になったポイント

  • 横置きタイプなので場所を取る
  • 壁掛けもできるが賃貸ではやりづらい
  • USBポートがないので、外付けHDDをネットワークドライブにできない
    →私の場合

まとめ

こんな方におすすめ

  • パソコンやスマホをたくさん持っている人
  • 2階〜3階建て or 1LDK~4LDKまでのマンションの人
  • 保証がしっかりしている(業界最高基準 3年保証)
  • 1Gbps以上の光回線を使っている人
  • ミドルクラスのWi-Fiルーターが欲しい人
Wi-Fiルーターとして5,000円未満でこのクラスの性能なら、TP-Link Archer C6は特におすすめ。

また、Wi-Fiルーターの設定がよくわからないという人も、TP-Linkなら本当に一瞬で設定ができます。

私の場合でも、約15秒程度で完了しあまりに早くてびっくり。

ルーターを買い換えようと考えてても、設定が・・・。という人もこれなら安心ですね。

 

これよりも上位機種のWi-Fiルーターがいいなら、こちら。

 

広範囲をカバーする専用のWi-Fiルーターがいいなら、こちら。

コメント