お得&便利 ガジェット

TP-LINKの中継器の性能が飛び抜けている

更新日:

一軒家やマンションでもWi-Fiルーターまでの距離が遠い場所にいる時は、どうしても電波は届きにくくなってしまいます。私もルーターからの距離が遠いところでスマホを使うと電波が弱くて、むしろ遅いこともあります。

そこで電波の救世主こと「中継器」

この中継器を使うだけで、想像以上に電波が強くなるので家のWi-Fiが弱いなぁーと感じたらぜひ使って見てほしい。

今回はTP-LINKの「AC2600 MU-MIMO 無線LAN中継器RE650」をご紹介。

あわせて読みたい

【レビュー】無線ルーター世界トップシェアのTP-LINK Archer C9を使ってみたらむちゃくちゃ良かった!

 

スポンサーリンク

AC2600 MU-MIMO 無線LAN中継器RE650

  • AC2600 デュアルバンド Wi-Fi ストリーム x4; 800Mbps/2.4GHz + 1733Mbps/5GHz
  • ビームフォーミング技術
  • あらゆるルーターとの互換性あり
  • ギガビット イーサネット ポート(有線LANも高速対応)
  • 中継器の最適な設置位置を検索できる

 

特徴

AC2600 デュアルバンド Wi-Fi ストリーム x4; 800Mbps/2.4GHz + 1733Mbps/5GHz

AC2600なので、AC3150 デュアルバンド MU-MIMOギガビット 無線LANルーターと同程度の性能があり、無線ルーターの中でもかなりのハイエンドモデルの中継器。

デュアルバンドWi-Fiストリーム搭載で、4K配信やゲーミングなどのヘビーな使い方をしても必要な性能が得られます。

 

ビームフォーミング技術

強力な4つのアンテナにより安定した電波を飛ばすことができ、ビームフォーミング機能がどこにいても強力な電波を届けてくれます。

ビームフォーミングなしとありでは、Wi-Fiの快適性が大きくことなります。

 

あらゆるルーターとの互換性あり

他社製のルーターとも互換性があるので、例えば大本の無線ルーターがバッファローやNECなど使っていても、この中継器を使うことができます。

中継器に合わせて親機を変える必要がないのもメリット。

 

ギガビット イーサネット ポート(有線LANも高速対応)

Wi-Fiだけではなく、もちろん有線LANにも対応。ギガビットイーサネットポート搭載なので、4K動画やゲーミングなど情報量が多いサービスも安心して使用できます。

 

中継器の最適な設置位置を検索できる

インテリジェント信号インジケータという中継器を設置する際に、最適の位置を自動で判断してくれる機能がついています。

Wi-Fiは目に見えないため、中継器の設置位置がなかなか難しい。近すぎても遠くまで電波が飛ばせないし、遠すぎればWi-Fiが繋がらないので、通常は家の中で試行錯誤しないといけません。

ですが、「AC2600 MU-MIMO 無線LAN中継器RE650」についてはインテリジェント信号ライトの色が青(良好な接続)赤(ルーターから離れすぎている)かすぐにわかります。

中継器で苦戦する部分もしっかりと対策されています。

 

TP-LINK Tetherアプリで簡単に設定ができる

 

このアプリをインストールすることで、簡単に設定を変更もでき直感的に操作できるので、購入するなら入れると便利です。

 

家のWi-Fiの電波が弱いなら中継器は必須

家でもWi-Fiの電波は色々なものに影響されます。障害物などの関係でルーターの位置から離れすぎている場合は、家でもWi-Fiが繋がりづらい・Wi-Fiに繋がっているけど速度がでないという場合は、一度中継器を検討してみると良いでしょう。

もちろんハイスペックモデルに越したことはありませんが、ミドルスペックでもWi-Fiの環境は改善されるので、ぜひ試してみてはどうでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-お得&便利, ガジェット

Copyright© celvie(セルヴィ) , 2017 All Rights Reserved.