【2018-2019年】パソコン周りで買ってよかったもの・はかどるもの14選!
スポンサーリンク

Outlook(Office365)をGmailで受信/同期して使う方法を解説 OutlookからGmailに乗り換えよう!

インターネット
ぽんす
ぽんす

outlookって使いづらいからGmailを使いたい!けど、設定方法ってどうすればいいの?

このような疑問に答えます。

仕事でOfficeは必ずと行っていいほど使いますよね。でも、outlookのメールって正直使いづらいですし、フォルダ分けをしてしまうとアプリでうまく通知できない・・・。といった問題もありますよね。(設定で通知するようにもできるけど、、)

今回は、Outlook(Office365)をGmailで送受信できる方法を画像を使って解説していきます。

調べてみなかなかうまくいかないものが多く、やっとの思いでできたので、同じように設定したい人の役に立つように記録します。

スポンサーリンク

Outlook(Office365)をGmailで受信/同期して使う方法

GmailでOutlookのアドレスを追加する設定する画面を開く

画面右上の歯車マークをクリックし、設定をクリック

設定画面が表示されたら、「アカウントとインポート」タブを開いて、他のアカウントでメールを確認の「メールアカウントを追加する」をクリックします。

Outlookのメールアドレスを追加する

Gmail側で追加したいOutlookのアドレスを入力して次へ

Outlookのメールアドレスを設定する「受信設定」

入力する項目は、4つ

  • Outlookのメールアドレス
  • Outlookのパスワード
  • outlook-japan.office365.com
  • ポート番号 995

チェックボックスには3つチェックを入れて「アカウントを追加」をクリックします。

OutlookのメールアドレスをGmailから送受信できるようにこの画面では、「はい」にして次へをクリックします。

Gmailで表示するときの名称を決めます。

わかりやすいようにOutlookで今回は登録します。

Outlookのメールアドレスを設定する「送信設定」

設定する項目は、受信設定と同じで4つ

  • step.office365.com
  • Outlookのメールアドレス
  • Outlookのパスワード
  • ポート番号 587

上記を入力して「アカウントを追加」をクリックします。

OutlookにGmailの確認コードが届く

【4】まで作業をするとGmailにOutlookのメールアドレスを追加してもいいか?という確認メールが届くので、メールの中にある「確認コード」をコピーして認証をする。

確認コードを入力して確認をクリックします。

Gmailの設定でデフォルトのメールアドレスをOutlookに変更する

Gmailの右上の歯車マーク→設定→アカウントとインポートを確認すると、先程追加したOutlookのメールアドレスが追加されているはずです。

そのままでは、メールを作成するとGmailになってしまうので、送信するデフォルトメールアドレスをOutlookに変更して完了です。

まとめ

色々と調べてみてもなかなかOffice365のOutlookをGmailで同期/送受信できる方法や手順が見つかりませんでした。

仕事でOutlookを使うことになっても「正直Outlookは使いにくいし、分かりづらいよな・・・」と困っている人は、Gmailでも使えるんだということを知っておいてほしいです。

これで、使いやすいGmailで仕事ができるようになったので快適に過ごせます。

関連記事仕事で使える仕事効率化フリーソフト7選 効率化して終わらせよう!Windows10対応版

関連記事Surface Pro 6(第7世代)を購入&仕事用として使えるのか10ヶ月使ったレビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました