買ってよかったもの2019年上半期のまとめ BEST9!

Outlook(Office365)をGmailで受信/同期して使う方法を解説 OutlookからGmailに乗り換えよう!

スポンサーリンク
インターネット

仕事でOfficeって必ずと言っていいほど使いますよね。

でも、プライベートのメールアドレスは、Gmailを使ってるからOutlookってとにかく使いづらい・・・。という人多いですよね?私もその1人です。

今回は、Outlook(Office365)をGmailで送受信できる方法を画像を使って説明していきます。

調べてみなかなかうまくいかないものが多く、やっとの思いでできたので、同じように設定したい人の役に立つように記録します。

Outlook(Office365)をGmailで受信/同期して使う方法

【1】GmailでOutlookのアドレスを追加する設定する画面を開く

画面右上の歯車マークをクリック

設定をクリック

設定画面が表示されたら、「アカウントとインポート」タブを開いて、他のアカウントでメールを確認の「メールアカウントを追加する」をクリックします。

【2】Outlookのメールアドレスを追加する

Gmail側で追加したいOutlookのアドレスを入力して次へ

【3】Outlookのメールアドレスを設定する「受信設定」

入力する項目は、4つ

  • Outlookのメールアドレス
  • Outlookのパスワード
  • outlook-japan.office365.com
  • ポート番号 995

チェックボックスには3つチェックを入れて「アカウントを追加」をクリックします。

OutlookのメールアドレスをGmailから送受信できるようにこの画面では、「はい」にして次へをクリックします。

Gmailで表示するときの名称を決めます。

わかりやすいようにOutlookで今回は登録します。

【4】 Outlookのメールアドレスを設定する「送信設定」

設定する項目は、受信設定と同じで4つ

  • step.office365.com
  • Outlookのメールアドレス
  • Outlookのパスワード
  • ポート番号 587

上記を入力して「アカウントを追加」をクリックします。

【5】OutlookにGmailの確認コードが届く

【4】まで作業をするとGmailにOutlookのメールアドレスを追加してもいいか?という確認メールが届くので、メールの中にある「確認コード」をコピーして認証をする。

確認コードを入力して確認をクリックします。

【6】Gmailの設定でデフォルトのメールアドレスをOutlookに変更する

Gmailの右上の歯車マーク→設定→アカウントとインポートを確認すると、先程追加したOutlookのメールアドレスが追加されているはずです。

そのままでは、メールを作成するとGmailになってしまうので、送信するデフォルトメールアドレスをOutlookに変更して完了です。

まとめ

色々と調べてみてもなかなかOffice365のOutlookをGmailで同期/送受信できる方法や手順が見つかりませんでした。

仕事でOutlookを使うことになっても「正直Outlookは使いにくいし、分かりづらいよな・・・」と困っている人は、Gmailでも使えるんだということを知っておいてほしいです。

これで、使いやすいGmailで仕事ができるようになったので快適に過ごせます。

SafariとChromeのブックマークが同期できる方法を解説!
iPhoneのsafariで検索して、家や会社で使うパソコンではGoogle Chromeを使ってインターネットを見ている人って意外と多くないですか?そんな時にiphoneとGoogle Chromeのブックマークが同期できたら便利なの...
買ってよかったもの2019年上半期のまとめ BEST9!
今年もすでに半分が過ぎてしまいましたが、2019年に購入してよかったものをまとめてみました。税金も高くなることが決定しているなら安いタイミングで購入しちゃいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました