買ってよかったもの2019年上半期のまとめ BEST9!

ノースフェイス シャトルデイパックの上位互換XPシリーズをレビュー

4.5
スポンサーリンク
生活用品

通勤用としてこれまでアークテリクスのアロー22を使っていましたが、5年以上使い傷んできたのでそろそろ違うものにということで、今回XP シャトルデイバックを購入しました。

購入する条件
  • ビジネスリュックとして購入したい
  • 四角側のリュック
  • 荷物を入れても型くずれしない
  • 25L程度(1泊2日程度の荷物が入る)

の3つのポイントを満たしたので、シャトルデイバックを購入しました。

以前使っていたアークテリクス アロー22との比較もあわせてお伝えします。

通常のシャトルデイバックに比べ、バックの素材が防水仕様になっているのが、XPシリーズです。

ノースフェイス シャトルデイバックの上位互換XP

外観

ビジネスリュックとして使いたかったので、リュック自身で自立することも条件でしたが、XP シャトルデイバックならその点も安心です。

一泊二日から二泊三日程度の荷物を入れても、自立することを確認済み。

■XPシリーズ

以前別のブランドのビジネスリュックを購入して使っていましたが、背中の強度がイマイチですぐにへたってしまいました。

XP シャトルデイバックなら、背中に当たる部分がしっかりとした型があるので、長時間リュックを背負っていても疲れづらい構造になっています。

横側

横側にはモンベルの折り畳み傘を常備しています。

重さも100g未満なので、入れていてもほとんど気にならないのがお気に入りポイント。

やっぱりサイドポケットがあるだけで、すぐに取り出せるのでないと困るポケットです。

フロントポケット 内装

フロントポケットには、

  • iPhone XSがすっぽり入るポケット
  • メッシュのチャックがあるポケット
  • 3cm程度のマチ

フロントポケット下部には、

  • 名刺入れが入るサイズポケット
  • ペンが2〜3本入るポケットが2つ
  • 3センチ程度のマチ

私は、下部に長財布を入れていますがかなり余裕があります。

シャトルデイバックとXP シャトルデイバックの違い

生地感

生地感が一番の違いです。

シャトルデイバックでは、生地「高強度な1050Dのコーデュラバリスティック®ナイロン」が防水加工されていないので不意の雨に耐制がありません。

XP シャトルデイバックなら防水加工「高強度のX-pac fabric」されている記事を使っているので、雨にも強いメリットがあります。

基本の形・ポケットなどのデザインは同じです。

性能面でいえば、「XP シャトルデイバック」のがいい素材を使っているのでおすすめ。

価格面で言えば、「シャトルデイバック」は15,000円前後で購入可能なので、こちらのがおすすめ。

アークテリクス アロー22と比べてたくさん入る

アークテリクス アロー22と比べると大きくデザイン・使用用途が違ってきます。

XP シャトルデイバックは、四角いビジネスリュックとしてビジネスで利用するための、内ポケットなどが設計されています。

そのため、書類・PC・タブレットといったビジネスで利用するアイテムを傷つけず折り畳まれず収納できます。

アークテリクス アロー22は、あくまでタウンユースで使うタイプで、街ぷらや一泊二日程度の旅行には適しています。

ですが、メインの収納スペースには仕切りが1つしかなく、さらに底は斜めになっているのでビジネスで利用するには適していません。

さらに、アークテリクス アロー22自体で自立して立たないのも不便なポイント。

上記画像のように底の部分が平行になっていないので、壁に立てかけるくらいしかありません。

割り切って、「あまり荷物を入れないスタイル」なら、アークテリクス アロー22でも十分な容量ですが、出張や客先に持っていく書類が多くなるならXXP シャトルデイバックのが仕事用としても最適と感じています。

通勤で実際に使ってみて

通勤で約1ヶ月使ってみましたが、PCや書類を入れても型くずれせず満足いく買い物だったと感じています。

以前のアークテリクス アロー22であれば、人間工学的に重い荷物でも疲れづらい構造になっていましたが、リュック自体で自立しない・荷物があまり沢山入らないという欠点がありました。

その点リュックの形が四角なので書類・PCなど仕事で使う場合には、形的に非常に優れていると思います。

1泊2日・2泊3日なら余裕で行ける

容量も25Lを選んでいるので、一泊二日〜二泊三日は余裕で荷物が入ります。

特に旅行にくらべ、仕事では着替え以外に仕事道具の書類・PCが余分に入るので、25Lの容量がちょうどいいサイズ感でした。

ただ、スマートなリュックを探しているならスリムのが良さげ

通勤とそのまで荷物が入らないのなら、シャトルデイバックスリムがいいでしょう。

容量も18Lでリュック自体の厚みもないので、スマートなビジネスリュックを探しているんであればドンピシャです。

まとめ

XP シャトルデイバックの購入し実際に使ってみたレビューです。

防水加工されている生地なので、実際に雨に濡れても全く心配ありません。

アークテリクス アロー22が嫌いというわけではなく、今でもお気に入りの1つです。ビジネスリュックとして今回XP シャトルデイバックが今の自分に最適と感じています。

■XPシリーズ

■通常モデル

コメント

タイトルとURLをコピーしました