LINEモバイル 格安SIM

LINEモバイルでHuawei nova liteを今すぐ手に入れよう!

更新日:

つい先日Huaweiから2017年2月27日に販売された低価格、高スペックのSIMフリースマホです。
Huawei nova liteは、P9 litと同価格帯ではありますが、CPUもKirin655 オクタコアを搭載しており、メモリを3GB搭載しているため、アプリなど同時にいくつも起動してもサクサク操作できます

 

価格帯も2万くらいで、5.2インチで大きすぎず・小さすぎず使いやすいサイズ感、電池持ちもいいため、スマホを安く快適に使いたい人という人には一番オススメできる格安スマホです。

スポンサーリンク

nova liteのスペック(性能一覧)

Huawei nova liteのスペック
対応OS Android™ 7.0 Nougat / Emotion UI 5.0
CPU Huawei Kirin655 オクタコア(4×2.1GHz+4x1.7GHz)
メモリ RAM:3GB / ROM:16GB / Micro-SDスロット(最大128GB)
バッテリ 3,000mAh
ディスプレイ 5.2インチ, FHD(1920×1080ドット), IPS
カメラ メインカメラ:1200万画素(開口部F2.2/AF/BSI)
インカメラ:800万画素(開口部F2.0/FF/BSI)
本体カラー ホワイト、ブラック、ゴールド
連続待受時間 LTE-FDD:約531時間 / WCDMA:約670時間
連続通話時間 WCDMA:約21時間 / GSM:約36時間
通信速度 下り(受信時)最大150Mbps(LTE)※1
上り(送信時)最大50Mbps(LTE)※1
通信方式 FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
TDD-LTE : B40
W-CDMA : B1/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi 802.11b/g/n準拠 (2.4GHz), Bluetooth® v4.1 with BLE
スロット nano-SIM×2、maicroSDカード
価格 \19,800

Android7.0対応、SIMフリー(NTTDocomo、SoftBank回線)、microSD(128Gまで対応)しているので、初期ROMが16Gと少なめですが、十分拡張可能です。

 

nova liteの特徴

最大の特徴→低コストでありながら高スペックスマホ

nova liteは、約2万円で買うことが出来ますがかなりの高スペック。CPUはKirin655 オクタコアを搭載しRAMも3GBなので、抜群に処理能力が高いです。

処理能力が高ければ高いほど、アプリの起動速度・同時起動・画面の展開などの速度が早く出来ます。例えば映像の綺麗なゲームなどはそれ相応にメモリを消費します。ですが、CPUの処理能力が優秀であればカクつくことなくプレイ出来ます。

 

一度は感じたことがあると思いますが、スマホを操作していて画面がカクついたり、フリーズするとストレスを感じますよね?そんなカクつくことなく使える仕様になっているので、とにかくサクサクスマホを使いたいという希望にガッチリ応えられるのがnova liteの魅力!

 

フルHD(1920×1080)の5.2インチ ちょうどいい大きさ

格安スマホが搭載している最も一般的なサイズ感の5.2インチ。

iphone7の4.7インチとiphone 7 plusの5.5インチのちょうど中間くらいの大きさです。大きすぎず、小さすぎず女性でも使いやすいサイズになっている印象があります。

5.2インチの大きさであれば片手操作も出来るので、ちょっと調べ事をしたい時にもってこいですね。

 

Huaweiの高機能カメラ、暗闇でも綺麗に撮れる

Huawei nova liteのカメラ性能

メインカメラ:1200万画素(開口部F2.2/AF/BSI)
インカメラ:800万画素(開口部F2.0/FF/BSI)

メインカメラは1200万画素とiphoneと同程度のカメラ性能を搭載しているので、通常のカメラ撮影を想定している人であれば十分綺麗な写真を撮影することが出来るでしょう。

ですが、写真の性能はもっとハイスペックがいいということであれば、0.03秒のオートフォーカスの驚異的な速度で被写体にピントを合わせられるZenFone 3のがいいため、nova liteでは期待に応えられない可能性があります。

 

バッテリーが3,000mAhの大容量!ヘビーに使っても大丈夫!

nova liteのバッテリー容量は、iphone 7 plusとほぼ同じ容量の電池を搭載しているので、一般的なユーザーであれば1日半程度は余裕で使える容量があります

容量の少ないスマホでは、旅行などモバイルバッテリーを持っていかないと不安ですが3,000mAhもあるのでその点は安心できるでしょう。

ただ、残念なことに入出力端子(いわゆる充電ケーブル)がmicro USB Type Bなので、新しい端末ですが、USBの規格は1世代前のものになり、急速充電には対応していません。

 

指紋認証を搭載

最近ではほぼ標準搭載になりつつある、指紋認証。nova liteも搭載しており、高感度で反応するのでストレス無く認証できます。認証する指紋センサーは、背面に設置されておりそこに人差し指か中指でタッチすれば、ロック解除ができる仕組みです。

 

少し前までのスマホでは指紋認証の精度も良くなかったので、認証できなかったりと時間がかかることもしばしばありましたが、Huawei nova liteの指紋認証速度は、だいぶ良くなっているので、快適に認証できるでしょう。

 

Huawei nova liteが買えるおすすめのMVNOは、LINEモバイル

LINEモバイルでは、Huawei nova liteを\19,900で販売しています。3月31日までキャンペーンがあり、音声通話SIMの月額基本利用料が初月無料・6月7月の2ヶ月も月額基本利用料が無料になるキャンペーンを行っています

しかもこれに加えて3月31日までに利用開始すれば3ヶ月間毎月3Gのデータを追加でもらうことが出来ます。

契約時から少ないデータ通信量を契約しておけば、かなりお得に使えます。

 

Amazonなどからでは購入できないため、MVNOから購入しないといけないという注意点もあります。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

よく読まれている記事

1

LINEモバイルに乗り換える方法を全4工程にまとめて解説していきたいと思います。 せっかく乗り換えようと思っても、やっぱり難しくて、大変なイメージがありますよね?さらに、MNP・APN設定?と言われて ...

2

  UQモバイルに乗り換える方法をたったの4工程にまとめて解説していきたいと思います。 せっかく乗り換えようと思っても、難しく・大変・素人には無理!と言ったイメージがありますよね?さらに、M ...

3

やっぱり気になるiphoneの新型「iphone 8」 例年9月ごろに行われるAppleの新作発表会でiphoneがお披露目されますが、今年2017年は何と言っても「iphone」発売10周年! 今ま ...

4

Appleから遂にiPhoneX(テン)は2017年9月13日(午前2時)に発表され、11月3日に発売開始されることが決まりました。 毎年新しいiPhoneが出るなか、今年は10周年の意味を込めて、i ...

-LINEモバイル, 格安SIM
-,

Copyright© celvie(セルヴィ) , 2017 All Rights Reserved.