格安SIM 格安スマホ

VAIO Phone Aを今すぐ手に入れよう!おすすめの格安SIMはどこ?

更新日:

VAIO株式会社からAndroid搭載のSIMフリースマホとしてVAIO Phone Aが4月7日発売されました。

2016年に発売されたVAIO Phone BizのOSはWindows10を搭載していましたが、今回発売されたVAIO Phone AはAndroid6.0.1を搭載と変更され、DSDS、CAが利用できたりと注目が集まっています。

格安スマホ入門編としても手の出しやすい低価格になっています。

VAIO Phone Aのスペック(性能一覧)

VAIO Phone A
対応OS  Android 6.0.1
重さ 約167g
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 617 オクタコア
1.5 GHz (クアッドコア) + 1.2 GHz (クアッドコア)
メモリ RAM:3GB ROM:16GB
バッテリー  2800 mAh
ディスプレイ  5.5インチ (1,920×1080ドット)
カメラ メインカメラ:1300万画素
インカメラ:500万画素
本体カラー  シルバー
連続待受時間 約500時間
連続通話時間 約11時間
通信速度 下り(受信時)最大225Mbps(LTE)
上り(送信時)最大50Mbps(LTE)
通信方式 3G:WCDMA対応 (バンド 1,5,6,8,11,19)
4G/LTE:LTE対応 (バンド 1,3,8,19,21)
LTE-Advanced受信:225Mbps
LTE受信:150Mbps
3G受信:42.2Mbps
IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠
スロット nanoSIM×1,microSIM×1(デュアルスタンバイ対応)
価格  24,800円

国内メーカーのスマホですが、おサイフケータイや防水機能などの対応はありませんが、SIMカードを2枚認識出来るデュアルスタンバイに対応し、CPUもオクタコアを搭載しているので、動作もサクサク。SIMフリースマホを安く手に入れたい人に持って来いな格安スマホ。

VAIO Phone Aの特徴

価格24,800円で国産メーカーのVAIOブランド

魅力といえば、何と言っても24,800円で手に入る価格です

しかも、国内メーカーのVAIOが発売しているという安心感も大きなメリット。低価格であれば、やっぱり心配するのは製品のクオリティや耐久性が気になるところ。そのあたりもVAIOは抜かりなく、PCのVAIOと同じく、VAIO Phone Aでも「安曇野FINISH」による高品質を確保しています。

専任の技術者の手で1台ずつ仕上げを行ない、全数チェックを実施した上で、お客様にお届けするという徹底ぶりです。

 

nanoSIM×1,microSIM×1(デュアルスタンバイ対応)

nanoSIM×1,microSIM×1のデュアルスタンバイが出来るのも非常に魅力

複数のSIMを同時に使うことができるということは、通話用には通話料が安いSIMを使い、インターネットは、データ容量が安いSIMを使うと言った運用も出来ます。

もちろん仕事用・プライベート用でSIMカードを使い分けてもいいです。

ただし、両方のスロットを使ってしまうとデータ増量用のmicroカードが使えなくなってしまうので、データ容量の多い動画・写真などはGoogleフォトなど便利なアプリで、クラウドで管理することをおすすめします。

 

SIMフリーだが、docomoのVoLTEとキャリアアグリゲーションに対応!

VAIO Phone Aは、docomoの「VoLTE」に対応しており、通話もかなりの高音質になっています。

そして、docomoのキャリアアグリゲーションにも対応しているので、通信速度が最大225Mbpsも出るため快適にインターネットが出来ます。

 

高品位・高剛性で耐久性にも優れている

ボディは、アルミニウムの削り出しで高い質感と優れた堅牢性を実現しています。VAIOの厳しい品質管理で、落下試験・耐衝撃試験などもクリアしてから出荷されているので、誤って落として画面がバリバリになってしまうということもありません。

 

VAIO Phone Aを使うのにおすすめの格安SIMはどれ?

LINEモバイル LINE・Twitter・Facebook・Instagramが使い放題

  1. 通信速度がとにかく速い
  2. LINE・Twitter・Facebook・Instagramが使い放題が魅力
  3. データ繰り越しができる
  4. LINE ID検索ができる

LINEモバイルの最大のメリットであるLINE・Twitter・Facebook・Instagramが使い放題!カウントフリーに魅力を感じるなら、LINEモバイルを是非使って欲しい。通信速度も格安SIMの中でもトップクラスに速いので、大手キャリアと何ら変わりなく使えます。

 

格安SIMで一番心配になるランチタイム・帰宅ラッシュの時間帯でも平均10Mbps以上は通信速度が出せているので、大手キャリアのときと変わらぬ使い勝手を求めるならLINEモバイルがおすすめ。

 

楽天モバイル 5分間かけ放題がとにかくおすすめ

  1. 5分かけ放題のオプションがある
  2. 楽天市場で買い物するとポイントが2倍
  3. 楽天でんわで通話料が半額!(30秒/10円)
  4. 格安スマホとのセットがとにかく安い

楽天モバイルは、月額850円で5分以内の国内通話何度でもかけ放題というオプションがあり、通話をたくさんする人にとっても安心できます。例え5分を超えて電話をしても「楽天でんわ」を使うことで、30秒10円で電話をすることが出来るので、長電話になっても大丈夫。

楽天モバイルを使っていると月額料金の1%が還元されること+期間中は常に楽天スーパーポイントが2倍になるので、楽天市場を使う方は非常にお得。月々にかかる家賃・水道代・電気代など楽天カードで支払うことでポイントは貯まるわ、支払いにポイントが使えるわで賢く節約出来ます。

そして楽天モバイルは格安スマホ+格安SIMのセットで購入すると、とにかく安くなるキャンペーンなども開催されています。

格安SIMに乗り換えたいけど、初期費用がかかることがネックになっているのであればぜひ検討してみてはいかがでしょう。

 

IIJmio 格安SIM業界でもNo.1.2のシェア

  1. 格安SIM業界でもNo1.2のシェア
  2. 回線品質の高さ
  3. 通信速度が比較的速い
  4. バースト機能がある

格安SIM業界でNo.1.2のシェアを誇る人気と回線品質の高さでしょう。

2012年2月よりIIJmio(みおふぉん)のサービス提供を開始してから、MVNO業界を牽引してきました。回線品質についてのこだわりは強く多くのユーザーがいながら、通信速度は平均して10Mbps以上を保っています。

最近参入のMVNO比べれば通信速度はそこまで速い訳ではありませんが、多くのユーザーがいながらこれまで、極端に遅くなったなどの口コミもなく長年安定した速度を維持しています。

現時点で、コスパなど総合的に考えると非常にお得な格安SIMになります。

BIGLOBE SIM 通話料が安い・キャンペーンが豊富

  1. 6GBプランが業界最安
  2. 「3分かけ放題」or「通話パック60(1時間通話無料)」のどちらか650円で使える
  3. 月額480円のエンタメフリーオプションでYoutube・abemaTVが見放題!
  4. お得なキャンペーンがたくさんやっている
  5. 全国86,000ヶ所のWi-Fiスポットを利用できる

BIGLOBE SIMは格安SIM業界最安レベルで6GBのプランを提供しているポイント。この他にも「通話パック60(1時間通話無料)」があり、1時間の通話料が安くできるオプションプランもあり、高くなりがちな通話料も安く出来るのも魅力ですね。

「シェアSIM」は、6GB/12GB/20GB/30GBのいずれかのプランを契約すれば、最大4枚のSIMを使うことが出来るサービスのことです。つまり1人でスマホ・タブレットの2台持ちや家族4人でSIMをシェアすることができるので、月額費用を相当抑えることが出来ます。

 

シェアSIM追加手数料3,000円を支払うことで1枚発行でき、音声プラン・データプランなど自分に合わせてカスタマイズできる点も良い点ですね。

他にもデータ繰越など、便利なサービスにも対応しているのでなんら問題なく乗り換えができますよ!

 

まとめ

VAIO Phone Aは国内メーカーということもあり、品質の高さ・堅牢性などがしっかりしており、安心感が違います。

スペックも低価格でありながらCPUはオクタコアを搭載しており、デュアルスタンバイに対応してるので仕事・プライベートのどちらにも対応できる汎用性の高さも魅力です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-格安SIM, 格安スマホ
-, , , ,

Copyright© celvie(セルヴィ) , 2017 All Rights Reserved.