LINEモバイル 格安SIM

LINEモバイルのMUSIC+ってお得なの?メリット・デメリットをまとめてみた

更新日:

LINEモバイルは、2017年1月18日よりLINE、Twitter、Facebook、Instagramに加えてLINE MUSICの使い放題が出来るLINE MUSIC+プランの提供を開始しました。

「MUSIC+プラン」はLINE MUSICをどれだけ聴いてもカウントフリーになるプランです。通勤や通学中に音楽を聴いている人にとっては嬉しいプランですね。

今回LINE MUSIC+のプランはお得なプランなのか、特徴・メリット・デメリットなどについて詳しくお伝えします。

 

LINE MUSIC+プランの特徴とは?

「MUSIC+プラン」であれば、LINE MUSICが聴き放題になる!

「MUSIC+プラン」の特徴は、LINE、Twitter、Facebook、Instagram+LINE MUSICもカウントフリーの対象になるというもの。

音楽ストリーミングサービスといえば、スマホの容量を使わず聴きたい時に音楽のデータをストリーミングして聴けるものですが、聞けば聞くほどデータ通信量を増えてしまいます。音楽ストリーミングサービスを使っていていつの間にかデータ制限になっていた!という話もよくあります。

ですが、「MUSIC+プラン」では音楽ストリーミングサービスにかかるデータ通信量がカウントフリーなので、心配事であったデータ通信量を一切気にしないで楽しめるようになります。

 

そもそもLINE MUSICで1曲再生でどれくらいの通信量がかかる?

1曲の長さが5分程度で音質「中」であれば、約10MB、10曲であれば約100MB、100曲であれば約1GBという具合です。

例えば1日通勤・通学で1時間使うと約120MBくらい消費します。それを1ヶ月30日間で考えると3,600MG=3.6GBもLINE MUSICで消費することになるので、大手キャリアであれば月額データ容量の大半を使ってしまうことになります。

毎日1時間で相当量のデータ容量を使ってしまいますが、これが毎日2時間であれば即データ制限にかかってしまうことがわかりますね。

 

「MUSIC+プラン」でも、人気SNSは使い放題のまま

もちろんLINEモバイルの最大の特徴でもある人気SNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)もカウントフリーになっているので、データ通信量はかなり節約できます。

大手キャリアであればこれら全ての通信で、月額のデータ通信量を消費するのであっという間に使い切り、残りの期間を低速モードで残りの日にちを過ごさないと...。ということになりかねませんが、LINEモバイルであれば、例えデータ容量を使い切ってもカウントフリーに該当するサービスは、ずっと高速通信で利用できるというとんでもサービスも用意しています。

 

「MUSIC+プラン」では、月額のデータ容量をすべて使い切ってもLINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICがずっと高速通信で使用できるというプランになるのです。

 

「MUSIC+プラン」の料金プラン

「MUSIC+プラン」の料金プランがこちら。コミュニケーションプランと比べて3GBで700円、5GBで500円と「MUSIC+プラン」のが割高になっています。

「MUSIC+プラン」は元々データ通信量も多いので、データ容量の多いプランのがお得になるように設定されているようですね。例え10GBのプランでデータ容量を全て使いきれなくてもデータ繰越がLINEモバイルでは出来るので、翌月に余ったデータ容量を使いまわせるので、余すこと無く使い切れます。

 

LINEモバイル 「MUSIC+プラン」の要注意・デメリット

LINE MUSICは別途料金がかかる仕様

多くの人が勘違いしてしまうポイントが、「MUSIC+プラン」に「LINE MUSIC」の料金は含まれていないため、別途料金が必要になるということです。

「MUSIC+プラン」についてはあくまでデータ通信量がカウントフリーになるが、「LINE MUSIC」の利用料は別途かかります。追加でかかる利用料金がこちら。

ベーシックプランは、500円から使えますが20時間/30日間となっており、プレミアムプランは960円で無制限/30日間となっています。一般と学割と大きく2つに別れているのもポイントです。学生であれば多少ですがLINE MUSICを安く利用できます。

 

どれだけ音楽を聞けば元が取れるの?

結論から言うと月に200曲以上聴く人は元がとれます。

LINE MUSICでは、1曲の長さが5分程度で音質「中」であれば、約10MB、10曲であれば約100MBをデータ消費します。200曲聴けば2GBを使ったことになりますね。

ということは月に200曲未満しか聴かないのあれば、「MUSIC+プラン」の3GBのプラン2,390円よりも「コミュニケーションプラン」の5GBのプラン2,220円を選んだ方が、お得になるということになりますね

 

LINE MUSICを聴いている時は、通信速度が遅くなる

LINEモバイル公式サイトにも記載がありますが、LINE MUSICを再生している時は通信速度が遅くなるようです。

音楽が快適にご利用いただける範囲で独立の速度設定をさせていただいております。楽曲の視聴及びダウンロードをご利用中でも、他の通信も安定してご利用いただけます。

ですが、音楽の視聴などに関しては速度が遅くなっていようが問題なくできるような設定になっているため、気にするほどでもありません。

 

まとめ

音楽ストリーミングサービスがここ最近増えてきて、LINEモバイルでも「MUSIC+プラン」としてサービスが開始されたのはありがたいポイント。

毎日通勤・通学で音楽は欠かせない!という人にとって通信量を気にせず好きな音楽を毎日聴き放題になるのは、音楽が生活の一部になっている人に取って非常にうれしいですね。

正直なところ「MUSIC+プラン」を選ぶのであれば5GB以上のプランのが、他のプランよりもお得なのでたくさん音楽を聴く人は最初からデータ容量の多いプランを選んでおくこともアリですね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-LINEモバイル, 格安SIM
-

Copyright© celvie(セルヴィ) , 2017 All Rights Reserved.