LINEモバイル 格安SIM

LINEモバイルを解約したい時は?解約手数料はかかる?徹底解説

投稿日:

LINEモバイルや格安SIMを使っていたが、プライベートや仕事などの環境の変化などでやむを得ず大手キャリアに戻さないといけない人も少なからずいるでしょう。

LINEモバイルに満足していても、いつ解約することになるかもわかりません。

そんな時のために今回LINEモバイルの解約方法や解約手数料についてまとめてみましたので、参考にしてください。

公式サイト:LINEモバイル

LINEモバイルの解約方法について

最低利用期間は?

docomo・au・SoftBankには契約時に必ず最低利用期間が設定され、俗にゆう「2年縛り」があります。契約更新月以外に解約しようとすると解約手数料が発生するような仕組みになっています。

LINEモバイルに「2年縛り」はありませんが、契約時のプランによって最低利用期間が設定されているため、その期間内に解約するとLINEモバイルでも解約手数料が発生します。

 

データSIM+データ(SMS付き)

LINEモバイルのデータSIM+データ(SMS付き)は1年未満で解約しても、解約手数料は一切かかりません。

つまり使わなくなったらすぐにでも解約できるということですね。

 

音声通話SIM

LINEモバイルの音声通話SIMのみ、利用開始月から12ヶ月間の最低利用期間があります。

最低利用期間内に音声通話SIMを解約すると9,800円の解約金がかかってしまいます。

 

>※最低利用期間:利用開始日から起算し、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含む)

注意点としては、利用開始日を1ヶ月目としてではなく、翌月が1ヶ月目と起算される点なので間違いのないようにしましょう。

 

 

LINEモバイルで解約する流れは?【画像つき】

解約する流れはとってもシンプルです。

下記の流れを参考にしてください。

【1】LINEから公式サイト「LINEモバイル」を開き、契約者連携(マイページ)をタップします。

【2】連携済みログインIDに表示されている契約時に設定したIDをタップするとマイページに進みます。

【3】マイページ上部にある「データ残量」をタップします。

【4】解約・MNP転出をタップします。

【5】解約する専用ページが表示されます。データSIM+データSIM(SMS付き)は画面上部の「解約する」をタップします。

【6】音声通話SIMの方は「MNP転出手続き・MNP予約番号の発行」の方の「発行する」をタップすることで解約できるような流れになっています。

 

 

解約時にSIMカードの返却は必要?

LINEモバイルでは、解約するとSIMカードの返却が必要になります。

返却をしなかった場合・忘れてしまった場合は、カード損害金3,000円が発生してしまうので注意しましょう。

ご解約した際には、SIMカードを送料自己負担でご返却いただく必要があります。
下記の住所宛までご送付ください。

▼SIMカード返送先住所
〒277-0834 千葉県柏市松ヶ崎新田字水神前13-1
ロジポート北柏501 LINEモバイル株式会社 解約窓口

 

 

解約時の請求について

解約した月の請求はいつくるの?

解約月のご利用料金や解約違約金は、解約の翌月に請求になっています。

また音声通話料金については、ご利用月の翌々月に請求になっているため、忘れたころに請求がきます。

 

解約時の請求は遅れてくると覚えておくと、請求に驚かず済みます。

 

 月途中で解約すると、日割りは適用される?

日割りはされません。

大手キャリアでは一部サービスを日割りすることができますが、かけ放題などのサービスは日割りが適用されません。

豆知識 解約するなら月末までに解約する方のが実質お得になります

 

まとめ

大手キャリアに比べて解約に対する制限はかなりゆるく設定されているため、焦らずとも大丈夫です。

また、マイページから簡単に手続きできるのもありがたいですね。

急な解約に備えて予め確認しておくといいでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-LINEモバイル, 格安SIM

Copyright© celvie(セルヴィ) , 2017 All Rights Reserved.