格安SIM 比較記事

LINEモバイルとIIJmioを徹底比較!結局どっちが良いの?

更新日:

LINEモバイルとIIJmioってどっちがいいの?って思っていませんか?

格安SIMで悩んでいる人はやっぱり気になる他社との比較ですよね。LINEモバイルはSNSが使い放題になるけど、IIJmioは業界でも回線の品質は随一だしと、人によって選ぶポイントは様々。

 

今回はLINEモバイルとIIJmioと評判や口コミ、総合的にどんな人向けなのかを比較してみましたので、参考にしてみてください。

公式サイト:LINEモバイル
公式サイト:IIJmio

スポンサーリンク

結論:「LINEモバイル」と「IIJmio」はどっちがいいの?

結論

LINE・Twitter・Facebook・Instagramの使い放題がいいなら→LINEモバイル

格安SIM業界でNo,1.2のシェア・回線品質の高さを求めるなら→IIJmio

LINEモバイルの特徴とは?

  1. 通信速度が1日通して、安定している。格安SIMの中でもトップクラスに早い!
  2. 人気SNS(LINE・Twitter・Facebook・Instagram)の使い放題で、使い切っても高速通信が出来る!
  3. データ繰り越しが出来る!前月分の余ったデータが翌月に加算
  4. LINE ID認証が出来る!
  5. 料金の1%がLINEポイントに還元される

LINEモバイルの最大の特徴はなんと言っても、人気SNS(LINE・Twitter・Facebook・Instagram)の使い放題「カウントフリー」でしょう。1GBプランはLINEのみ使い放題ですが、3GB以上のプランでは(LINE・Twitter・Facebook・Instagram)の4つは使い放題になります。

普段からSNSをたくさん使っている人には、ぴったりの格安SIMですね。

毎月7GBのプランで契約していたとします。そのうちSNSで3GB以上のデータ通信量を使っていてもLINEモバイルでは、SNS(LINE・Twitter・Facebook・Instagram)が使い放題になるので、その分安いプランにしても全く支障がありません。

 

LINEモバイルの通信速度は、ランチタイムでも早い!!

格安SIMに乗り換えようと考えている人の多くは安さと通信速度を調べて変えると思いますが、その点LINEモバイルは心配ありません。格安SIMの中でもトップクラスの通信速度です。

早いわけにはもちろん理由はあります。それはLINEモバイルが2016年9月からサービスを開始した格安SIMのため、まだまだmineo等に比べて利用者数が少ないという点。

 

当然回線を利用する人が少なければ、回線は混んでないので爆速が出せます。今後利用者が増えていくに連れて回線速度が遅くなることが心配されていますが、この点も安心して大丈夫です。LINEモバイルのTwitter公式アカウントにて、2・3ヶ月に1度の回線増強を今後も予定しているようで、トップクラスの通信速度は今後も続くと考えています。

 

IIJmioの特徴とは?

  1. 格安SIM業界でNo,1.2のシェア
  2. 回線品質の高さ
  3. 通信速度が比較的速い
  4. バースト転送あり
  5. 月額830円で5分かけ放題あり

格安SIM業界でNo.1.2のシェアを誇る人気回線品質の高さでしょう。

2012年2月よりIIJmio(みおふぉん)のサービス提供を開始してから、MVNO業界を牽引してきました。回線品質についてのこだわりは強く多くのユーザーがいながら、通信速度は平均して10Mbps以上を保っています。

最近参入のMVNO比べれば通信速度はそこまで速い訳ではありませんが、多くのユーザーがいながらこれまで、極端に遅くなったなどの口コミもなく長年安定した速度を維持しています。

現時点で、コスパなど総合的に考えると非常にお得な格安SIMになります。

 

 

LINEモバイルの特徴を掘り下げてみる

LINEモバイルの料金プランは?

LINEモバイルの料金プランはこちら。データ量は1GBから10GBまでも中から自分にあったものを選択して使うことが出来ます。通話ありのプランが最安1,690円から使用することができます。

何と言っても目玉は、1GBプラン。データ通信は500円と格安で、音声通話SIMが1,690円とになっています。しかも、この金額で主要SNSが使い放題という太っ腹というプランはとんでもないですね。

音声通話SIMのプラン3GB以上のプランは、他の格安SIMよりも料金的には割高ではありますが、人気SNS(LINE・Twitter・Facebook・Instagram)の使い放題を考えれば、むしろお得です。

 

LINEモバイルの良さは?

LINEモバイルの良さと言えば、人気SNS(LINE・Twitter・Facebook・Instagram)の使い放題が最大の魅力ですが、他にもLINEモバイル独自のメリットがあります。

  • LINEの年齢認証・ID検索が可能
  • LINEの友達へのデータプレゼントが出来る
  • 料金・データ通信量をLINEで簡単に確認が出来る
  • 月額の費用がLINEポイントに毎月1%還元される

格安SIMは、LINEの年齢認証ができないため、LINE ID検索が出来ないことが普通ですが、LINEモバイルは契約時にしっかりと確認しているので、LINE ID検索が出来ます

そんなに必要?と思う人もいるかもしれませんが、いきなり電話番号を教えるよりもLINE IDを教える方のが圧倒的に安心・安全。特に子供にLINEモバイルを使わせようと考えている親からするとこの点も実は重視しているポインですね

 

LINEの友達へのデータプレゼントもかなり便利!当月中にデータ通信量が残っていたら友達にあげることもできるし、もらうことも出来ます。

例えばLINEで料金・データ通信量を確認するのも1タッチで出来てしまいますし、月額利用料の1%はLINEポイントになるので、溜まったポイントでスタンプを買えたりとお得すぎるぐらいです。

 

LINEモバイルの通信速度は?

2017年3月13日現在LINEモバイルの通信速度は、格安SIMの中でも1日を通して爆速!平均15Mbps以上をマークしており、画像・動画の多いサイトを見ていても全く問題なくサクサク見ることが出来ます。

まだ利用者数が少ないので、回線も混んでいないため通信速度がめちゃくちゃ早いです。ですが、今後利用者数が増えていけば遅くなるかもしれないという心配な点はあります。

 


利用者数が増加して回線速度が遅くなっていたが、直近でLINEモバイルが回線増強を行ったようで、大幅に速度が改善されました。これからも利用者数が増えていっても、対応していく姿勢が見れるケースだと感じますね。

 

LINEモバイルの最低利用期間・違約金は?

音声通話SIMを利用の場合、12ヶ月未満の契約解除・MNP転出を行う場合9,800円(税別)の解約手数料が発生します。

12ヶ月未満とは?

利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含みます)。

データSIMであれば、解約手数料などかかりません。

 

LINEモバイルのサポートは?

LINEモバイルのサポートは、大きく3つあります。「メール」「電話」「チャット」です。

●メールの場合

メールでの問い合わせは「https://mobile.line.me/support/contact/

こちらのリンク先から行いますが、メールでの問い合わせは現状時間がかかってしまうため、あまりオススメ出来ないのが正直なところ。時間がかかっても良い内容であればこちらから、問い合わせをしてもらってもいいでしょう。

●電話の場合

0120-142-275

受付時間10:00~19:00の間がLINEモバイルが対応している時間になるので、この時間に連絡してください。ただし、利用者数が増えていることもあり、電話が繋がりづらいのが現状です。

おすすめの時間帯は11:00~15:00の間であれば比較的繋がりやすいです。

●チャットの場合

LINEでLINEモバイルの公式アカウントを追加することで、LINEのトーク画面にて、24時間365日問い合わせ可能なチャットサポート「いつでもヘルプ」を使うことが出来ます。

LINEのトーク画面で問い合わせが出来るので、非常に気軽に聞けますし24時間365日問い合わせ可能なところがすごい!

オペレーターのサポートは10:00~17:00までになりますが、年中無休で対応しているのは心強いですね。

 

LINEモバイルの取り扱いスマホ・タブレットは?

現在取り扱っているのは、8台のスマホ・タブレット端末です。

 

  1. GRAND X LTE
  2. HUAWEI P10
  3. VAIO Phone A
  4. HUAWEI nova lite
  5. HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro
  6. arrows M03
  7. ZenFone™ 3
  8. Blade E01

いずれもSIMフリースマホで、高性能で低価格なスマホも最近は登場しているので、サクサク使えるのが特徴。HUAWEI nova liteは、つい最近登場しましたが人気のあまりLINEモバイルから売り切れになるほどの人気です。

防水・おサイフケータイなど国内スマホ特有の機能が使いたい人はVAIO Phone Aがおすすめです。国内メーカーVAIOが生産しているので、品質も非常に高いです。

 

IIJmioを掘り下げてみる

IIJmioの料金プランは?

音声通話プランは、ライトスタートプラン(1,660円)から使え、スマホに乗り換えが出来るようになっていて、主に乗り換えを対象とした人はライトスタートプラン(2,220円)から格安SIMを始める人が多いです。

MVNOの中で言えば料金プランは、真ん中の当たり。安くもなく高くもない印象。

 

IIJmioの料金プランはタイプD/タイプAがあり、それぞれdocomo回線・au回線を使って通信することができます。つまりdocomoとauのスマホを使っている人は、そのままSIMフリー化していなくても使うことができます。そのためdocomo・auと非常に相性がいい格安SIMになっています。しかし、SoftBankから乗り換えたい場合は、自分の使っているスマホをSIMフリー化することが必須になってしまうので注意が必要です。

 

 

 

IIJmioの良さは?

通信品質の高さと電話かけ放題が充実している格安SIM

通信品質が高いというのは、MVNO業界で働いている人が実際に肌で感じ、その上でユーザーから支持されているため、IIJmioの口コミでも通信品質についてデメリットなどあまり見かけません。

 

また、IIJmioのかけ放題には3分かけ放題(月650円)・5分かけ放題(月850円)があります。主に短い電話をたくさんする人にとってはお得になるポイントが多いのも特徴です。

 

どうしても格安SIMは通話料が高くなってしまいがちですが、その点もかけ放題のプランが充実しているIIJmioは安心できます。

 

IIJmioの通信速度は?

IIJmioの通信速度は、爆速!というほどではありませんが、比較的速い部類に入ります。新しく出てきたMVNOは、ユーザー数が少ないため最初は速い速度が出ていますが、運営する期間がながければ長いほど遅くなりがち。

 

その点IIJmioは2012年よりサービス開始してきて、MVNO業界でもシェアNo.1、2です。安心感が違いますね。

 

IIJmioの最低利用期間・違約金は?

IIJmioのデータSIMの最低利用期間は、利用開始月と翌月の2ヶ月間。一般的に言う2年縛りはデータSIMについてはありません。最低利用期間中は解約できませんが、2ヶ月間使用すればそのまま解約することも出来ます。

音声通話SIMを利用の場合、利用開始月を1ヶ月目として12ヶ月が最低利用期間です。その期間中に解約・MNP転出などすると利用期間に応じて1,000円~12,000円までの解約手数料を支払う必要があります。

 

簡単に表にまとめました。

データSIM 音声通話SIM
最低利用期間 2ヶ月 12ヶ月
解約手数料 なし 1,000円~12,000円
(※12ヶ月ー利用開始月を0ヶ月として利用した月の数)×1,000円

IIJmioの詳細はこちら

 

IIJmioのサポートは?

ビックカメラなど専用窓口があるので、実際に販売員に相談して対応してもらえる。

しかし、最近では格安SIMの人気のため実店舗も続々と登場し、IIJmioはビックカメラなどに実店舗を設置して、IIJmioの契約・質問・サポートまでできるようになっています。

格安SIMに乗り換えのハードルが下げるように企業努力していることですね。

 

電話によるお問い合せ

IIJサポートセンター
TEL:0570-09-4400 (年中無休/9:00~19:00)
※国際電話、IP電話、みおふぉんダイアルをお使いの場合は、03-5205-4400をご利用ください。

 

公式サイトのサポート

IIJmioサポートホーム

こちらのリンクからよくあるご質問や契約をご検討の人向けのQ&Aがあります。こちらを確認していただくと簡単な質問等は解消できます。

 

IIJmioの取り扱いスマホ・タブレットは?

IIJmioで現在取り扱っているのは、26台のスマホ・タブレット端末です。

  1. arrows M04
  2. ZenFone Live
  3. Moto Z2 play
  4. ZenFone AR
  5. ZenFone Zoom S
  6. Huawei P10 Plus
  7. Huawei P10
  8. Huawei P10 lite
  9. NuAns NEO [Reloaded]
  10. GRANBEAT
  11. CAT S40
  12. Blade V8
  13. Moto G5 Plus
  14. VAIO Phone A
  15. Huawei nova
  16. Huawei nova lite
  17. ZenFone 3 Max
  18. AQUOS SH-M04-A
  19. SHINE LITE
  20. Aterm MR05LN
  21. SH-N01
  22. IDOL4
  23. ZenFone 3 Laser
  24. ZenFone 3
  25. arrows M03
  26. ZenFone 3 Go

IIJmioはLINEモバイルに比べるとSIMフリースマホがかなり豊富。LINEモバイルは8台ですが、IIJmioは26台と4倍以上取り扱っています。そのため、自分に合うスマホを見つけやすいのもポイント。

特にIIJmioは格安スマホをセットで今日にゅうするとAmazonギフト券を期間限定でプレゼントしているので、乗り換えるなら今。

 

LINEモバイルは、こんな人におすすめ!

  1. 人気SNS(LINE・Twitter・Facebook・Instagram)をたくさん使う人
  2. ドコモのスマホを使っている人!SIMフリーのiphoneで使いたい
  3. とにかく格安(500円)で格安SIMを使いたい
  4. 格安SIMでも高速通信が出き、大手キャリアと変わらない速度でネットを使いたい人
  5. LINE ID検索が必要

LINEモバイルの最大の特徴である人気SNS(LINE・Twitter・Facebook・Instagram)の使い放題「カウントフリー」

LINE・Twitter・Facebook・Instagramをたくさん使っている人にとっては、使い放題になるメリットは正直とんでもなくでかいです。しかも、通信速度も高速!サービス開始当初の爆速から速度低下はありますが、それでも格安SIMの中ではトップクラスに速い通信速度を保っています。

主要SNSの使い放題+大手キャリアの使い勝手と変わらない通信速度の2つを求めるならLINEモバイルはおすすめです。

 

IIJmioはこんな人に向いている!

 

  1. 格安SIM業界でNo,1.2のシェア
  2. 回線品質の高さ
  3. 通信速度が比較的速い
  4. 業界最安ではないが、十分安い
  5. コスパで選ぶならIIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)はMVNO業界でも信頼のおける格安SIM。ユーザーからだけでなく、一般事業者など業界からもその通信品質の高さを認められる存在。多くの口コミもあり、とにかく品質の高い格安SIMにしたい!という人に向いている。

格安SIMを使う目的に「とにかく安くしたい!!」と考える人がいるが、長期的に見て安定した通信品質・信頼度なども格安SIMを選ぶ上で非常に大事な要素です。

UQモバイルLINEモバイルのような通信速度が爆速を選ぶのか、mineoのようにサポート・コミュニティが充実しているのを選ぶのか、通信品質の高さ・コスパがいいIIJmio(みおふぉん)を選ぶのか考えてみてはいかがでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-格安SIM, 比較記事
-,

Copyright© celvie(セルヴィ) , 2017 All Rights Reserved.