LINEモバイル 格安SIM

LINEモバイルはクレジットカードだけじゃない?LINE Payが最適な理由とは

更新日:

LINEモバイルの支払いはクレジットカード以外でもできるって知っていますか?

通常格安SIMの支払いはクレジットカードで支払うことが多いですが、LINEモバイルはLINE独自の決済サービス「LINE Payカード」で支払いができるようになっています。

 

またLINE Payカードは、クレジットカードなどである審査・本人確認書類など不要なので簡単に手に入れることができます。

今回はLINE Payカードの詳細・LINEモバイルでクレジットカードなしで契約する流れをご紹介します。

公式サイト:LINEモバイル

 

LINE Payカードってどんなカード?

LINE Payカードとは、LINE独自の決済サービスで「チャージ式プリペイド式のカード」のことを言います。

クレジットカードなの?と思われるかもしれませんが、クレジットカードのような決済機能はありませんが、世界約3,000万店、日本国内900万店のJCB加盟店で使えるため、LINE Payカードで支払いができないということはほとんどありません。

またクレジットカードでつい使いすぎてしまった!ということもチャージ式のプリペイドカードなので防げますね。

 

LINE Pay カードが使える代表的なお店

ご利用の多いお店の業態としては、「コンビニ・スーパー・ドラッグストア・インターネットショッピング・カラオケ」などがあります。

 

LINE Payカードはなんでお得なの?

LINE Payカードがお得な理由として、100円ごとに2ポイントが貯まる!(還元率2%)があります。

クレジットカードなどでは、還元率が0.5%や1%などが主流で、100円で0.5ポイントか1ポイントがポイントとして貯まることになりますが、LINE Payでは100円ごとに2ポイントも貯まるので、非常に還元率が高いことがわかります。

例で挙げるとnanacoは1%・Tカードは0.5%が基本なので、およそ倍の還元率はメリット。

さらに、ポイントを現金に換金することもできるので貯まれば貯まるほどお得になります。

 

LINE Payカードの入手方法

  1. LINEからLINE Payでカードを申し込みして郵送してもらう方法
  2. コンビニ/店頭で購入する方法

この2つがLINE Payカードを入手する方法です。

①のLINE公式サイトから申し込みから郵送してもらう方法は最短で約1週間~2週間かかるため、時間がかかります。

すぐにLINE Payカードを使いたいという場合は、コンビニ/店頭で購入するとすぐに使用できます。

LINE Payカード発行の申し込み

 

LINE Payカードをチャージする方法複数ある!

LINE Payカードのチャージ方法は複数あります。LINE Pay画面のチャージを押すと6種類の方法があります。

今回は中でもよく使われるコンビニとオートチャージをお伝えします。

 

代表的な方法①:コンビニでチャージする

コンビニに、Amazonギフト券などがチャージ用の棚にLINE Payカードがあります。

購入と同時にお金をチャージすることができるようになっているので、1,000円~10,000円までの間のチャージしたい金額を店員さんに伝え、カードにチャージしてもらうことで完了します。

チャージするために、本人確認書類やクレジットカードなどは不要です。

この方法が最も簡単な方法です。

 

代表的な方法②:銀行口座でオートチャージする

銀行口座を事前に登録しておけば、設定した残高を下回った場合、自動でチャージがされる機能です。

LINE Payカードを使う場合こちらのが便利。

対象銀行みずほ銀行,三井住友銀行,三菱東京UFJ銀行,りそな銀行,埼玉りそな銀行,横浜銀行伊予銀行,滋賀銀行,百五銀行,福岡銀行,親和銀行,秋田銀行,十六銀行,熊本銀行

コンビニでチャージする方法では、チャージ忘れで支払いが直ぐにできないが起こりますが、オートチャージの設定を行っていれば、チャージ忘れを防ぐことができ、なおかつクレジットカードのように使用することができる利点があります。

LINEモバイルの支払いはクレジットカードかLINE Payでの支払いのみになっていますが、銀行口座からのオートチャージ機能を使えば実質口座振替と同じことができます。

 

LINE Payカードはセキュリティ、盗難などのトラブルでも安心

LINE Payカードは、クレジットカードではないのでセキュリティの面や盗難などが起きても安心。

LINE Payでは、皆さまにより安心・安全にお使い頂けるよう、セキュリティ対策を強化しております。また、万が一不正行為が発生した場合のために、利用者補償制度を導入しており、送金・決済・出金が補償の対象です。

また、盗難や紛失をしてしまった場合もLINE Pay内から簡単にLINE Payの利用停止をすることができるので万が一の時でも安心して対処することができます。

 

LINE PayカードでLINEモバイルに申し込む

  1. MNP予約番号を取得する(約5分)
  2. LINEモバイルに申し込む(約10分)
  3. LINEモバイルの初期設定を行うAPN設定(約5分)

以上の3つをすれば簡単に乗り換えができます。

 

MNP予約番号を取得する(約5分)

LINEモバイルに乗り換えをする際に必要になるのが、「MNP予約番号」

MNPとは、携帯会社を乗り換えても現在使用している電話番号をそのまま変更することなく使用できるサービスのこと。

今使っている電話番号を使いたいという人は必ずMNP予約番号を入手しましょう。

 

LINEモバイルに申し込む(約10分)

LINEモバイル公式サイトにアクセスして、右上にある「申し込む」から進むと「上記事項に同意の上、申し込む」を選択して進んでいくと、

支払方法選択の画面が表示されるので、LINE Payカードを選択すれば完了。

あとは、本人確認完了後、商品の出荷準備を待つだけです。順調に本人確認が完了すれば、翌日に商品発送のお知らせメールが届きます。

 

LINEモバイルの初期設定をする APN設定(約5分)

LINEモバイルに申し込みをすると早ければ2日~3日くらいで、LINEモバイルのSIMカードが届きます。届いたらSIMカードをスマホに差し込んで、簡単な初期設定をすることで晴れてLINEモバイルが使えるようになります。

ここの手順をしっかりと行わないと「あれ?SIMカード刺さってるけど、通信ができない。なんで!?」ということになりかねないので、最後まで設定をしていきましょう。

 

APN設定

APN設定とは、LINEモバイルのドコモ回線で通信をするために必ず必要な設定です。

設定を忘れてしまうと通信ができないので、1番注意が必要なところですね。

こちらを参考にして設定を行いましょう。ゆっくりやれば誰でも出来ますので、安心してくださいね。

回線を切り替えしよう!(MNP転入)

最後にAPN設定をしたからと言ってすぐにLINEモバイルのドコモ回線で通信が出来るわけではありません。SIMカードが届いて2日間まてば自動的に回線が切り替わりますが、すぐにLINEモバイルを使いたいという方には、LINEモバイルコールセンターに連絡して受付をしてもらえれば2時間ほどで使えるようになります。

LINEモバイルカスタマーセンター MNP開通受付窓口:
0120−889−279
受付時間:10:00〜19:00(年中無休)

電話をするとオペレータが本人確認でログインIDを聞いてきますので、申込み時に設定をしたログインIDを伝えることで切り替えることができます。

 

よく読まれている記事

1

LINEモバイルに乗り換える方法を全4工程にまとめて解説していきたいと思います。 せっかく乗り換えようと思っても、やっぱり難しくて、大変なイメージがありますよね?さらに、MNP・APN設定?と言われて ...

2

  UQモバイルに乗り換える方法をたったの4工程にまとめて解説していきたいと思います。 せっかく乗り換えようと思っても、難しく・大変・素人には無理!と言ったイメージがありますよね?さらに、M ...

3

やっぱり気になるiphoneの新型「iphone 8」 例年9月ごろに行われるAppleの新作発表会でiphoneがお披露目されますが、今年2017年は何と言っても「iphone」発売10周年! 今ま ...

4

Appleから遂にiPhoneX(テン)は2017年9月13日(午前2時)に発表され、11月3日に発売開始されることが決まりました。 毎年新しいiPhoneが出るなか、今年は10周年の意味を込めて、i ...

-LINEモバイル, 格安SIM

Copyright© celvie(セルヴィ) , 2017 All Rights Reserved.