格安SIM 格安SIM 入門マニュアル

格安SIMのメリット・デメリットとは?

投稿日:

格安SIMを使えば毎月のスマホ料金がすごい安くなる。というのはよく聞くけど、本当にデメリットはないの?メリットは本当にあるの?

という疑問が、キャリアから格安SIMに乗り換えようとしている人の多くが抱えている不安だと思います。

 

今回は実際に大手キャリアから格安SIMに乗り換えをして感じたメリット・デメリットをご紹介していきます。

>>おすすめの格安SIM

スポンサーリンク

 

格安SIMのメリットとは?

格安SIMのメリットと言えば、何と言っても料金の安さ。

大手キャリア(docomoやau)の月額平均が約7,800円と言われている中、格安SIMを使用した場合は約2,000円以下に節約できることもできます。つまり毎月5,000円も安くできるのは、お財布にも非常に優しい。

当然家族4人まるごと乗り換えをすれば、毎月2万円も節約できる計算になりますね。

 

仮に1年間格安SIMで運用したとして年間約70,000円も節約できるのに、使い勝手はほぼ変わりません。

 

どの格安SIMを選択しても平均月額料金2,000円くらいで使うことができるので、ご自分にあった格安SIMを選ぶと良いでしょう。

 

2年縛りがない

格安SIMの多くは、1年間使用すればその後他社に乗り換え・大手キャリアに乗り換えをしても解約手数料などかかりません。

しかし、知っての通り大手キャリアのdocomoやauは、基本プランが2年契約になっているため2年ごとに契約が自動更新されます。しかも、契約月以外に解約しようとすると解約手数料が約10,000円もかかってくるもの。

 

簡単にキャリアを乗り換えができないように契約上しているのです。その点格安SIMは自分で乗り換えなど作業は必要ですが、短い期間使用すれば違約金など発生しないので、自分のタイミングで好きなキャリアを使うこともできます。

 

話題のSIMフリースマホを使える

docomoやau・SoftBankが取り扱っていないHuaweiやASUSなどの最新機種から自分の使いたいスマホを選べます。

 

大手キャリアの場合は、基本キャリアが取り扱っているスマホし選べません。取り扱いがないスマホは使うことができません。

ですが格安SIMの場合、SIMフリースマホであれば基本どの格安SIMでも使用することができるので、高性能で安いスマホを手に入れて好きな格安SIMで運用するというような方法も取ることもできます。

 

電話をあまりかけない人は今すぐ乗り換えるべき!

格安SIMをすぐにでも使ったほうがいいのは、電話をあまりかけない人。

docomoやauんも基本プランは電話かけ放題が必ずついたものを選ばなければいけません。かけ放題が24時間か5分かの違いです。

しかし、どちらのプランも料金は最低で1,700円~なので、電話をあまりかけない人は基本プランだけで損をしていることになります。若い人はLINEで電話をかけられるので、ほぼLINEでかけるのでかけ放題はもったいない。

 

そこで格安SIMに変えればそれだけでも節約できますよ。

 

スポンサーリンク

格安SIMのデメリットとは?

 

キャリアメールが使えない

大手キャリアでスマホを使っている場合は、(@docomo.ne.jp/@ezweb.ne.jp/@softbank.ne.jp)のどれかのアドレスを必ず作られます。

@キャリア名がキャリアメールというもので、格安SIMに乗り換えをすることで使用できなくなります。当然、キャリアメールで登録していたサービスなどもアドレス変更が必要になるので、ご自分のメインで使っているメールアドレスがキャリアメールの場合は、GmailやYahoo mailに乗り換えが必要になります。

●Gmailアカウント作成

通信速度が遅くなる

大手キャリアを使っている人は気になったことがないかもしれませんが、格安SIMでスマホを使う場合ランチタイム(12:00~13:00)の間と帰宅ラッシュ時(18:00~19:00)は通信速度が遅くなるため、ウェブサイトを見ることにストレスを感じるようになります。

 

もちろん全ての格安SIMが激重の状態になるわけではないですが、格安SIMは通信速度が遅くなるということを念頭に考えることをおすすめします。ここを甘く見ると乗り換えたあとに失敗した!ということになりかねません。

しっかりと下調べして格安SIMに乗り換えしましょう。

現状格安SIMで、大手キャリア並み・爆速の通信速度を叩き出しているのがUQモバイル 

次に安定した速度を出しているのが、LINEモバイルです。こちらの2つの格安SIMは通信速度・安定性などにも定評があるので、大手キャリアと使い勝手を変えたくない人はこちらをおすすめします。

 

店頭サービスが受けられない

格安SIMの月額料金が安く抑えられている理由として、申込みをネット・大手家電量販店の一部に店舗を構え申込みができるようしているだけで、基本店舗を構えないスタイルです。

 

そのため格安SIMを使用するにあたり、わからないことがあっても店頭でスタッフさんに質問するということができません。その代わりコールセンターやチャットで質問することはできますが、その分時間がかかってしまいますし、機械に弱い人は少し厳しいかもしれません。

 

しかし、格安SIMの中でも実店舗を構えているところもあり、最近では楽天モバイル mineoUQモバイル が店舗でサービスを提供しているところも増えつつあります。

 

 

初期設定は自分でする

格安SIMに乗り換えを検討している人で心配している点が、これ。

大手キャリアであれば契約時に販売員の方が全て初期設定などは全てしてくれているので、自分の手にスマホを渡された時にはすぐにネットやアプリが使える状態になっています。

 

ですが、格安SIMは自分で通信設定(APN設定)をしないとネットができないので注意が必要です。面倒くさがりな人や機械の操作が苦手な人は、抵抗があるかもしれませんが、格安SIMのAPN設定の手順をゆっくり読んで行えばだれでも簡単にできるようになっていますので、安心してください。

 

支払いがクレジットカードが多い

ほとんどの格安SIMの支払いは、クレジットカードで行われています。

一部の格安SIMは口座振替・デビットカードでの支払いに対応していますが、やはり基本はクレジットカードでの支払い。

 

クレジットカードを持っていない方は、新規作成が必要になります。

若い世代にいちばん人気なのが、「楽天カード

新規作成するだけで、楽天ポイントが7000ポイント分つくので、作成するだけで7,000円付与されたことになり非常にお得。

 

格安SIMを購入しようとするなら、まずクレジットカードを準備してから申し込みをするとスムーズに契約できますよ。

 

まとめ

格安SIMのメリット・デメリットについて今回まとめましたが、まだまだ格安SIMがどういったものか知らない人は数多くいます。

知らないだけで毎月5,000円は安くできると知ったら、どうしますか?

私は大手キャリアからLINEモバイルに乗り換えをして7,000円以上も節約できたからこそ、皆さんにも知ってもらえたらと思います。

 

今すぐ乗り換えをした方がいいのは、スマホの料金を安くしたい人・電話をかけない人

乗り換え時に発生する解約手数料を支払ってでも、格安SIMに乗り換えをした方がトータル費用で圧倒的に安く抑えられます。

むしろ1年で元が取れる計算になります。

 

格安SIMを知らないからやめておく、デメリットがあるんでしょ?というのは、あまりにももったいないです。

せっかくの機会なので、検討してみてはいかがでしょう。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-格安SIM, 格安SIM 入門マニュアル

Copyright© celvie(セルヴィ) , 2017 All Rights Reserved.