iphone

iPhone XS/X Max/XRで格安SIMは使えるのか?

更新日:

新型iPhoneの発売が9月21日に決定しました。

新型iPhoneの名前も2018年9月13日発表されて、iPhone XS/XS Max/XRという名称です。

まだ未検証ですが、例年iPhoneの新型でも格安SIMが使えるため、今年も発売後動作検証がされ使えることが予想されます。

 

現在iPhone Xまで動作検証が取れている格安SIMなら使える可能性が高いです。

※注意点として格安SIMによっては、テザリングができない等の制限もあるため、使いたい機能が格安SIMで使用できるのかは動作検証待ってからが無難です。

iPhone XS/XS Max/XRの詳しい仕様を確認する

格安SIMを使うメリット・デメリット

メリット

格安SIMならすべての手続きをインターネット上でできるのがポイントです。

大手キャリアの場合は、店舗に足を運んだり、待ち時間が発生して初めて自分の契約をすることになります。

しかし、格安SIMならインターネット上で契約をして数日後にはSIMカードが届いて、少し設定をすればすぐに使うことができ、尚且つスマホ料金を安く運用することができます、

 

デメリット

実店舗を構えてる格安SIMが少ないため、店員と話しながら疑問を解決して契約するということができません。

最近では楽天モバイルやUQモバイルといった格安SIMは、実店舗も増えてきましたが、ドコモ・au・ソフトバンクに比べれば断然少ない状況です。

また、基本的に格安SIMを契約してからの問題は、自分の力で解決することが前提です。

コールセンターなどで電話しながら解決することもできますが、ある程度自分で調べて解決する力も必要。

そのため、下調べをせず安いから乗り換えをした人から、大手キャリアに比べてサポートが悪い!という口コミをよく聞きます。

 

自分で解決する力や格安SIMのデメリットも理解した人であれば、月々のスマホ料金を格段に安くすることはできます。

 

現在iPhoneを取り扱っている格安SIM一覧

最近では格安SIMでも、iPhoneを取り扱っているが使っていることがほとんどです。

新型のiPhoneも取り扱う可能性が高いため、2018年現在契約可能な格安SIMをまとめています。

iPhoneを端末セットで購入できる場合は○ メーカー取り扱いがなくても、動作検証が取れている場合は■ 不明はー
MVNO名iPhone XS/XS MaxiPhone XRiPhone XiPhone 8/plusiPhone 7/plusiPhone 6s/plusiPhone 6/plusiPhone SE
楽天モバイル
UQモバイル ○ 6sのみ
mineo ○ 6sのみ
OCN モバイル ONE
BIGLOBEモバイル ○ 6sのみ
IIJmioドコモかSIMフリーのみ
LINEモバイル
DMMモバイル
nuro mobile
イオンモバイル
U-mobile

この表を見て分かる通り、ほとんどの格安SIMでiPhoneを取り扱っています。

しかし、最新のiPhoneを利用することはできますが、MVNO自体で販売するiPhoneは型落ちが基本です。

現状MVNOで最新のiPhoneは、mineo がiPhone 7

他のMVNOは、iPhone 6sまでとなっています。

 

iPhone XS/XS Max/XRの料金早見表

iPhone XSiPhone XS MaxiPhone XR
64GB112,800円124,800円84,800円
256GB129,800円141,800円90,800円
512GB152,800円164,800円101,800円
AppleCare22,800円16,800円

新型のiPhoneの料金早見表です。

見ていただいくと全体的にかなり高額になっています。性能も大幅に向上してるため、価格の上昇はわかりますがそれにしても高くなっています。

ちなみに、去年のモデルiPhone 8と2年前のモデル iPhone 7だと下記の料金です。

端末代の高価格化が進んでいる印象がありますね。

iPhone 8iPhone 7
32GB50,800円
64GB67,800円
128GB61,800円
256GB84,800円
AppleCare14,800円

 

新型iPhoneを使う上での注意点

https://www.apple.com/jp/iphone/compare/

iPhone X、iPhone 8の際も各MVNOの検証が取れるまでは購入を待つのが大前提

理由としては、SIMカードサイズが合わない場合や格安SIMのメーカーによってはテザリングが非対応という場合があります

事実、UQモバイルではiPhoneのテザリングができません。

テザリングをしたい場合は、別のキャリアを選択する必要があります。

大手携帯会社(ドコモ、au、ソフトバンク)3社については、最初からiPhoneが対応できるように設定されており、テンテザリングも全てのキャリアで対応しています。

発売日当日に購入したい場合は、大手携帯会社で購入することが確実。

もちろんその場合は、高額な端末代と月々の費用がかかってくるので2年間で計算すると平均で20万円前後かかると計算になります。

 

格安SIMでiPhoneを使う場合3パターンある

  • AppleでiPhoneを購入する
  • 格安SIMで型落ちiPhoneをセットで購入する
  • 三大キャリアで購入したiPhoneをSIMロック解除して使用する

現状あるのはこの3パターン。

ではパターン別にかかる費用を概算で計算してみましょう。

 

AppleでiPhoneを購入する

 前提条件:楽天モバイル
スーパーホーダイ 2GB
iPhone X 64GB

iPhone X 64GB=112,800円(税別)

これに楽天モバイルのスーパーホーダイ 月額料金1,480円×24ヶ月=35,520円

112,800円+35,520円=148,320円が2年間の金額になります。

 

格安SIMで型落ちiPhoneをセットで購入する

 前提条件:楽天モバイル
スーパーホーダイ2GB
iPhone 6s plus 64GB 分割払い

iPhone 6s plus 64GB 分割払い=3,276円(税込)×24ヶ月=78,624円

スーパーホーダイ 2GB月額料金1,480円×24ヶ月=35,520円

78,624円+35,520円=114,144円

 

ここで重要なのは、型落ちのiPhoneということです。

現在mineo(マイネオ)のiPhone 7がセット購入で一番新しいiPhoneのシリーズですが、例年の動きから今年にはiPhone 8が格安SIMでもセット購入が可能になるでしょう。

今回のiPhone XS/XS Max/XRと高額になっているiPhoneを購入するのはちょっと・・・。という人でも、もともとiPhoneを使っていると写真などの連携があるので、そのままiPhoneを使いたい人が一定層います。

そのような人は、今回の新型は見送って格安SIMとiPhoneのセット購入をおすすめします。

 

三大キャリアで購入したiPhoneをSIMロック解除して使用する

前提条件:ドコモ
シンプルプラン(スマホ)
ベーシックプラン3GBまで
iPhone X 64GB
契約して1年後に楽天モバイルに乗り換えた場合

上記プランの合計で、8,537円×12ヶ月=102,444円

ドコモ
MNP転出手数料2,160円
解約金10,260円
iPhone X残金を一括支払い62,532円
合計74,952円

※iPhone X 64GBの1ヶ月あたりの端末代=5211円

ドコモで1年使ってやっぱり乗り換えたいという場合は、1年の利用料+MNP転出手数料+解約金+iPhoneの端末代をまとめて支払わないといけません。

1年だけで177,396円

スーパーホーダイ 2GB月額料金1,480円×24ヶ月=35,520円

177,396円+35,520円=212,916円

 

大手キャリアで契約したらどこが一番安い?

大手キャリア最安はau

iPhone XS64GB256GB512GB
ドコモ69,984円88,128円112,752円
au64,320円73,440円85,920円
au(MNP・新規)54,000円72,240円97,200円
SoftBank68,400円77,520円90,000円
Apple121,824円140,184円165,024円

料金一覧で確認してもらうとわかるが、auが一番端末代を安く購入ができます。

auで「アップグレードプログラムEX」を適用したケースが最安値です。

しかし、ずっとauを(4年間)使い続ける人でiPhoneを2年毎に新しい機種を使いたい人以外にはおすすめできません。

 

ただ、大手キャリアは実店舗やコールセンターなど人がたくさんおり、直接対応してもらいたいという要望にはうってつけです。

格安SIMで最新機種を使いたいという人は一定層いますが、正直最近の大手キャリアの4年縛りのプランを適用すると、2年間で少し格安SIMのが安くなる程度。

こんな方におすすめ

  • 大幅に節約したい
  • iPhoneは型落ちでも問題ない
  • 指紋認証ができないと困る

という人には、格安SIMとセットで購入できるMVNOがおすすめ。

大手キャリアで契約する人もお得な乗り換え方法もあるので、↓↓をチェック!

 

まとめ

結論から言うと、新型のiPhoneを使う場合はAppleでiPhoneを購入してから格安SIMを契約するのが一番安く、型落ちiPhoneなら格安SIMでセットで購入する方法が一番安くなります。

初期費用はかかりますが、2年間で換算すると、大手携帯会社に比べ大幅に節約が可能

格安SIMでiPhone契約するパターンでは、新型のiPhoneを使用することはまずできません。

現在でも型落ちのiPhoneを契約するのが一般的となっています。

そのため、新型ない方が発売された場合でもiPhone X iPhone 8一つ型が古いものが主流となるはずです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ぺんぎんくん

格安SIMメインで記事を書いています。「日常生活がちょっと便利になるもの」や「節約できるもの」について記事を書いています。

-iphone
-

Copyright© celvie(セルヴィ) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.