【2019年】家族でお得に乗り換えできる格安SIMまとめ

カフェインレスのコーヒーならマウントハーゲンがおすすめ

スポンサーリンク
生活用品

私は好きですが、コーヒーのカフェインがあまり体質的に合わないのか飲みすぎると体調が悪く、トイレもかなり近くなってしまうので好きなのにあまり飲めないのがなぁーと。

そこでカフェインレス(カフェインが入っていない)インスタントコーヒーなら問題ないと実際に飲んで美味しかったコーヒーを紹介したいと思います。

カフェインレスを飲もうとしたきっかけ

コーヒーはもともと好きだったんですが、ストレスから飲みすぎて自律神経に不安定になりよく体調を崩すようになってしまいました。

そこで生活を見直してみると1番可能性が高いのが「コーヒー」だと思い、さっそくカフェインレスコーヒーを飲み始めたのがきっかけ。

 

今では、カフェインを取っていたときの体調不良もなく生活ができているので、カフェインが原因だったと感じています。

マウントハーゲンを選んだポイント

  • カフェインレスのコーヒーで1番いいものがよかった
  • 有機栽培で美味しいのが前提
  • カフェインの除去率が高いもの

スーパーで探してみると思った以上にカフェインレスコーヒーの品揃えが悪いことを知った。

そのため、カフェインレスコーヒーを買うならAmazonやLOHACOになる。

そこで調べてみるとマウントハーゲンが一番人気で口コミもよく飲みやすく美味しいとあったので、購入した。

マウントハーゲンとは?

1986年ドイツ、ブレーメンの近くにあるセントマグナスという美しい村でマウントハーゲンのビジネスは始まりました。現在マウントハーゲンはヨーロッパにおいてオーガニックコーヒーのリーディングブランドへと成長を遂げています。その成功は、優れた味と品質また人と環境のケアという確固たる原理からきています。

マウントハーゲンは、エキゾチックなコーヒーの国というイメージだけではなく、多くの部族が暮らす美しく野生味溢れたパプアニューギニアに農園があります。マウントハーゲンは、パプアニューギニアと同じような魅力を持った国ペルー、メキシコ、ホンジュラス、他の国々からコーヒー豆を調達しています。
マウントハーゲン

Amazonでまず調べて1番最初に上がってきたのが、「マウントハーゲン」

なんでもドイツのブランドで、オーガニック フェアトレードコーヒーのトップブランドとのこと。

 

人気の商品なので実際に飲んでみると本当にカフェインが入っていないの?ってレベルでコーヒーでした。

ブラック・カフェラテの両方で飲んでみましたが、かなり飲みやすく有機栽培で高地栽培アラビカ種コーヒー豆のみを使用とあるので、品質も納得。

セブンイレブンのインスタントコーヒーも飲みやすいですが、こっちのほうが後味がスッキリしている感じです。

 

マウントハーゲンのカフェインレスについて

ヨーロッパおよびアメリカで特許をとっているドイツCR3社の天然液体二酸化炭素によるカフェイン除去法を採用しており、化学的な溶剤を一切使用せず、天然の二酸化炭素と水だけで除去する超臨界二酸化炭素抽出法で作られております。

この製法で作られたコーヒーは、カフェインレスでありながら本来の深く豊かな味と香りをそのまま残しています。この製法と有機栽培の極上コーヒー豆を使用していることで、カフェインレスであることを忘れるほど本来の味と香りをそのまま残すことができます。

マウントハーゲンのカフェインレスコーヒーは、欧米で特許を持つ天然の液体CO2と水だけでカフェインを除去する方法(いわゆる超臨界二酸化炭素抽出法)で99.7%もカフェインを除去することに成功。

しかも、コーヒー本来の深く豊かな味と香りをそのままになっているので、カフェインレスなのにちゃんとしたコーヒーなんです。

 

実際に飲んでみて

実際に飲んでみたところ、本当に美味しくこれで「カフェインレス!?」と思ったほど。

簡単に飲めるインスタントコーヒーで、このレベルは正直ビビった。

スタバでわざわざディカフェ(カフェインレス)のコーヒーを飲みのがバカバカしく感じるほど。

1瓶で1000円ほどで、何十杯も飲めるならこっちを買っていたほうがお得だしコスパがいい。

 

はじめてのカフェインレスを試したいならマウントハーゲンのカフェインレスを是非オススメしたい。

【2018年】買ってよかったもの33選・本音で選んだアイテム
去年から今年にかけて実際に「買ってよかった」商品・サービスなどをご紹介していきます。 私がここ数年ものを買うときに心がけているのが、 効率化できるアイテム 便利なグッズ 生活が楽になり、楽しくなるもの この...
この記事を書いた人
ぺんぎんくん

格安SIMメインで記事を書いています。「日常生活がちょっと便利になるもの」や「節約できるもの」について記事を書いています。

ぺんぎんくんをフォローする
生活用品
スポンサーリンク
ぺんぎんくんをフォローする
スポンサーリンク
celvie(セルヴィ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました