買ってよかったもの2019年上半期のまとめ BEST9!

買ってよかった子育てグッズ 0歳〜2歳までで厳選

スポンサーリンク
買ってよかったもの

2017年10月に第1子が生まれて日々奮闘しながら子育てをしていますが、大変さと楽しさに揉まれながら生活しています。

初めての子育てで手探りでしていますが、とにかく分からないことだらけ。

どうせ買うなら「便利なグッズ」から「着せてかわいい」というものまで、実際に買ってよかったものを夫婦で厳選してまとめてみました。

初めての子育てでいいグッズがあるかな?と参考程度に読んでください。 

買ってよかった子育てグッズ 0歳〜半年まで

おしっこカバー

おしっこカバー!? と思うかもしれませんが、以外に使えてびっくり。

男の子の場合、最初は難しいですがオシッコの兆候がわかるのでおしっこカバーで事前に防ぐことができます。私個人は6割で防げました(笑)

あとの4割はご想像にお任せします。

おしりふきホットウォーマー

冬のおしりふきって相当冷たくなるんですよ。

自分ならまだしも、赤ちゃんが毎回うんちするたびに冷たいおしりふきはかわいそうと思い買ったのがこれおしりふきホットウォーマーを使うことで、人肌よりちょっと温かい温度になるのでお尻も拭きやすくプレゼントにもオススメ。

明治ほほえみらくらくキューブ

お出かけにミルクをあげるときに大活躍。

らくらくキューブだとブロックごとで作りたいミルクの容量を変えられます。

特に外出先で赤ちゃんが急に泣いてしまっても、サクッとミルクが作れるので、かなり重宝しました。

他にも深夜のミルクをあげる時には、奥さんだけでなく旦那さんでもミルクを作ってあげることができるので、お母さんの夜間の負担を軽減できるというのもあって、うちでは大好評。

ただ、粉ミルクと比べると若干高いので、二人目のときは粉ミルクとらくらくキューブを使い分けようと相談しています。

ユニクロの肌着

引用:ユニクロ

西松屋やアカチャンホンポで赤ちゃん用の肌着を買うと紐のタイプが多く、慣れていないときには苦労した覚えがあります。

しかし、ユニクロはスナップボタンなのでとにかく着せるのが楽。ボタン自体も色分けされているので、ボタンの位置がすぐわかるのがポイント。

旦那さんでも手間取らず簡単に着せられたのがよかった。   

買ってよかった、子育てグッズ半年から1歳まで

アップリカのバスチェア

首もすわってきた頃に始めたのがバスチェア。

この頃になると生まれたて直後のように沐浴のときに頭を片手で頭を支えるのは大変になります。

バスチェアに座ってもらってもらうことで、赤ちゃんを安全な角度で寝かせられる体制になり、自分は両手ですばやく体を洗えるようになります。

身体を固定するハンドルも付いているので、立てるようになってもしっかりと固定できるので勝手に立ち上がるようなことも防げますよ。

驚異の防臭袋

半年を過ぎたくらいから離乳食を始めたので、うんちがとにかく臭い。

正直大人と変わりません。

なので、うんちの処理を適当にしているととにかく臭い臭くなるのが悩みでした。ネットで調べて知ったのが、「脅威の防臭袋」を使うことで、うんちの匂いが全くしなくなります。(誇張なしで本当に)

もちろん、ちゃんとしたオムツ処理機械(1つずつおむつをビニールで袋でねじるタイプ)もありますが、場所を取る上に専用のビニール袋なのでコスパがあまり良くありません。

この驚異の防臭袋なら自宅だけでなく、外出先でも使えるので汎用性が高いのもお気に入りポイントです。

チェアベルト

半年もすれば外出先でご飯を食べることも増えてきます。

そこで困ったのが、飲食店で子供用の椅子がとにかく少ない問題

イオンなどの大きなショッピングモールでたくさん置いてありますが、個人の飲食店や大手でも場所によっては子供用の椅子が置いてありません。。

ですが、このチェアベルトなら大人用の椅子を使って子供を一緒に固定することができます。

他にも親の腰にチアベルトを巻いて子供を膝の上に固定することもできるので、大変重宝します。

チェアベルトのおかげでお店を選ばず入れるようになったのが、夫婦としてかなりありがたかったです。

ストローマグ

ストローの練習をするための赤ちゃん用のマグカップ。

最初は、吸うという行為自体がわからないので、このストローマグで、親がプッシュして飲み物を出して飲む練習をすることでストローで吸うという行為を覚えられるようになります。

うちでは数日で覚えてすぐに使えるように。

Nクールはひんやり(布団用)+(ベビーカー)

赤ちゃんは体温調整が苦手

特に夏はベビーカーで外を歩くだけでも、赤ちゃん相当体力を持っていかれます。

しかも、赤ちゃんのベビーカーの高さはアスファルトと近いので大人の体感温度よりも高く非常に危険です。

ですが、ベビーカーの背もたれのところにひんやりするアイスノンを入れてあげることで、赤ちゃんの体温を下げてあげる効果があるので、これは赤ちゃんの為にも買ってあげたほうがいいかなと思うアイテム。

また、寝るときも暑がるので、ひんやりマットを敷いて寝やすい環境を作るのも大切で、寝やすい環境を作ってあげれば、ぐっすり寝てくれるので夜中に起きることが減るのが親的に嬉しいポイントです。   

ジョイントマット

もともとこの部屋は畳だったんですよ?

フローリング風のジョイントマットを敷くことで、この画像のようになります。

もともとは、赤ちゃん自身を守るために購入したジョイントマットですが、部屋の雰囲気を簡単に変えられるということでランクイン。

仮にコケたとしても、ジョイントマットがクッションになるので、床にダイレクトにコケるよりか幾分マシです。それにプラスα振動や騒音まで吸収してくれるので、マンション住まいには必需品となります。

バンボ

  赤ちゃんに座らせる体制を覚え込ませる椅子。

最初はまだ筋肉がなく、赤ちゃんがしっかり座ることができませんが、バンボを使うことで座る姿勢を体に覚え込ませます。

もちろんそのままでも覚える子もいますが、思った以上に体にフィットするので椅子に座ってテレビを見てもらっていたりしています。

抱っこ紐 腰の位置固定するやつ

抱っこ紐は一番有名なエルゴベビーを購入していましたが、体重が重たくなるにつれてしんどくなり始めました。

そこで別のいい抱っこ紐がないか探していたところ、腰の位置に台座を固定する抱っこ紐を見つけたので購入。

この抱っこ紐であれば、赤ちゃんを紐で固定せずとも両手で腰の位置に抱えるだけで抱っこすることができるので、赤ちゃんの体重を腰で抱えることができます。

人の力が1番入るのが腰の位置。理にかなった商品です。   

買ってよかった、子育てグッズ1歳から2歳まで

手押し車

うちの子は、抱っこマンでなかなか1人で歩いてくれませんでした。

誕生日プレゼントとして、手押し車を買ってみましたが買った時期がドンピシャ(1歳になったころ)で、つかまり立ちをしてから手押し車を使って初めて歩きました。

今でも、お気に入りでものすごい勢いで遊んでいます。

電動鼻水吸い取り器

保育園に行き始めるととにかく風邪を引くようになります。

ただ大人のように鼻づまりがあっても鼻をかむことが着ないのでこの電動鼻水吸い取り機が役立ちます。

水っぱなだけでなく、奥にある粘着質のある鼻水までしっかりとってくれます。

うちでは、息を吸って鼻水を取るものと電動鼻水吸い取り器がありますが、明らかに自動の方のが使いやすかったです

番外編 かわいいものシリーズ

GAPのくまさんつなぎ

これはただただ可愛い 男の子っぽい格好ももちろんしますが、冬の時期であれば、あったかいプラス可愛い化身となりますよ。

GAPのカバーオール

こちらも全身まるごと着せられるカバーオール。 特に寒い時期にはおせわになりました。  

プチマイン(petit main)のとんがり帽子

1歳6ヶ月のときにかぶせたとんがり帽子。 小人感が増してかわゆす。

まとめ

子育てグッズをまとめてみましたが、みんなが当然買うもの+αを前提に取り上げてみました。完全な私見ですので、参考にしてみてください。

【2019年】買ってよかったもの アラサー男の定番から生活を変えるアイテムまで
2018年から2019年にかけて実際に購入して買ってよかったものを29歳アラサー男子が本音で語るおすすめしたい商品をまとめています。 ロマン・効率化・QOLが上がるものを最優先に購入したアイテムが盛り沢山です。
【口コミ】子供の写真を撮るならα6400とEOS Kiss Mどっちがいい?手ブレ補正・瞳AFなど比較してみた
SONYのα6400が2019年2月22日に発売が決まりましたね。これまで写真はすべてiPhoneで撮っていましたが、子供の写真を記念にプロに撮影してもらうと一味違うも二味も違いあまりによく写っていたので感動を覚えました。そこからミ...
この記事を書いた人

格安SIMメインで記事を書いています。「日常生活がちょっと便利になるもの」や「節約できるもの」について記事を書いています。

ぺんぎんくんをフォローする
買ってよかったもの
スポンサーリンク
ぺんぎんくんをフォローする
celvie(セルヴィ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました