買ってよかったもの2019年上半期のまとめ BEST9!

AirPods Proをレビュー Bose QuietComfort30と比較して良かった所・悪かった所

5.0
スポンサーリンク
Apple

AirPods の新作が2019年10月31日にやっと発売されましたね。

AirPods 第一世代を使っていて、まだ持っていない人にも魅力的な機能が多く搭載されています。

今回のAirPods は、ノイズキャンセリング機能が搭載されて、小型化・長時間使えるようにアップグレードされており、発売当初からSony WF-1000XM3と比較してどうなの?

というレビューが多かったので、あえてAirPods 第一世代とノイズキャンセリングが優秀かつBoseのQuietComfort30と比較レビューしてみます。

AirPodsからAirPods Proになってアップグレードされた点

左がAirPods 右がAirPods Pro

AirPods との変更点
  • 耳にかけるタイプからカナル型に変更
  • イヤホンサイズは、小型化
  • 充電ケースは、横長にデザイン変更
  • アクティブノイズキャンセリングを搭載
  • 外部音取り込みモードの切り替えも可能
  • IPX4の防水対応
  • ワイヤレス充電が標準搭載(Qi対応)

大きな変更点は、6つで上記に上げた内容。

耳にかける対応からカナル型に変更

EarPodsから耳にかけるタイプを貫いてきたAppleですが、AirPods Proからカナル型に変更。

見た目も、装着感も大幅に変わりました。

もちろんデザイン変更には、アクティブノイズキャンセリング機能を存分に発揮するためのものであり、耳にかけるタイプだったこれまでのデザインでは、耳から落ちてしまう人も、カナル型なら落ちないので安心して使える。

イヤホンサイズが小型化

AirPodsからAirPods Proのイヤホンサイズは、見た目でも3分の2程度サイズダウンしている。

耳から出ている部分を、「うどん」と揶揄されていた感は、今回のAirPods Proからほとんどなくなっています。

充電ケースが横長にデザイン変更

AirPods Proの充電ケースは、今回横長のデザインに変更。

イヤホンの形的に横幅が長くなったため、それに伴ってデザインが変更された形です。

充電自体は、今まで通りライトニングケーブルでするが、正直なところUSB-Cで充電できることを期待していた。

これまでの互換性があるので、ライトニングケーブルのがいい面もあるが、これからのことを考えるとUSB-Cのが汎用性が高く、最新のiPad ProはUSB-Cの規格になっている。

この点は、正直マイナスに感じました。

アクティブノイズキャンセリング機能

今回の最大の目玉ともいって良い機能が、アクティブノイズキャンセリング機能

これまでBose QuietConfort30でノイズキャンセリングは、体験していたが完全左右独立型では Sony WF-1000XM3 の一人勝ち状態だった。

AirPods Proにアクティブノイズキャンセリング機能が搭載されて実際に数日使ったみたが、アクティブノイズキャンセリング機能の性能の高さにびっくりした。

正直ノイズキャンセリング機能の凄さでいえば、まだBose QuietConfort30のが優勢に感じるが、AirPods Proのサイズ感でここまでノイズキャンセリングできるのかと感じた。

特に人の声を遮断できるので、外出時に集中したいときや音楽に集中したいときなどには、おすすめしたいイヤホン。

外部音取り込みモードの完成度が高い

外部音取り込みモードもあり、アクティブノイズキャンセリング機能からAirPods Proを長押しするとすぐに切り替わる。

Sony WF-1000XM3 やBose QuietConfort30などにも、外部音取り込みモードはあるが、実際に聞こえる音は違和感がある。

これは、「イヤホンをした状態で外部の音をマイクを通じて音に変換しているから」というのが、理由だろうが、違和感は拭えなかった。

しかし、AirPods Proの外部音取り込みモードの自然な音も多くの購入した人から完成度が高いという声が上がっており、現に違和感がほとんどなくスッと耳に入ってくる。

IPX4の防水対応

IPX4の防水対応になったが、正直IPX6に対応してほしかったのが、本音

AirPods Proがカナル型になってより運動しながら使いやすくなった形ですが、汗程度は大丈夫だが雨など多くの水・粉塵が舞う場所では、壊れてしまう心配があり使うことができない。

あくまで保険程度の防水対応と考えるのがいいと個人的には思うところ。

ワイヤレス充電が標準搭載(Qi対応)

AirPods 第二世代もワイヤレス充電に対応していたので、当然の流れ。

自分はAirPodsの第一世代だったので、やはりワイヤレス充電に対応してくれたのは嬉しい。

充電するたびにライトニングケーブルを抜き差しするのは、めんどくさい・・・。というちょっとしたところだが、楽にできるポイントは利便性が高くなるので良かった。

スポンサーリンク

AirPods ProとBose QuietConfort30の比較

良かったポイント・悪かったポイント
  • ノイズキャンセリングは、BOSE QC30
  • 低音は、BOSE 高音は、AirPods Pro
  • 使い勝手は、AirPods Pro
  • 充電持ちは、AirPods Pro 連続再生は、BOSE QC30
  • イヤホンのフィット感は、BOSE QC30
  • 持ち運び・省スペースは、AirPods Pro

ノイズキャンセリングは、 BOSE QC30

正直な感想として、ノイズキャンセリング機能は BOSE QC30 のが優秀と感じます。

もちろん本体サイズを考えれば当たり前ですが、ノイズを消す処理がとにかくすごい。

AirPods Proは、騒音すべてをノイズキャンセリングする感じではなく人の声など消すのに優れていると感じました。

ノイズキャンセリングとしては、 BOSE QC30 のいいです。

低音は、 BOSE QC30 高音は、AirPods Pro

音質に関して言えば、低音は音響メーカーであるBOSEは流石の一言。

BOSE QC30 も重低音の聞いた音で聞けます。

AirPods Proは、低音はそこまでですが高音はAirPods Proのがきれいに聞こえます。

音質重視であれば BOSE QC30 のがいいですが、全体的なまとまりで言えば、AirPods Proのが個人的に好きな感じです。

使い勝手はAirPods Pro

見てわかるとおり、AirPods Proはとにかく小さい。

Appleの商品なので、iPhoneやMacとの連携・操作性は、さすが。ストレスなく使えますし、かつシンプルなので購入してすぐに使い方は覚えれます。

また、このサイズでノイズキャンセリングや外部音取り込みモード、ワイヤレス充電など機能が盛りだくさんで、持ち運びも楽と来てます。

iPhoneユーザーであれば、AirPods Pro一択といってもいいでしょう。

充電持ちは、AirPods Pro 連続再生は、BOSE QC30

AirPods Proは、充電ケース込みで24時間再生でき、AirPods Proのイヤホン本体でも4.5時間の連続再生が可能。

しかし、BOSE QC30 は連続再生10時間と長時間連続で聴きたい場合には、BOSEに軍配が上がります。

AirPods Proは、5分で1時間分の急速充電もできるので、連続再生ではBOSEでもトータルではAirPods Proのが優れています。

イヤホンのフィット感は、BOSE QC30

BOSE QC30 のシリコンイヤーチップは、耳へのフィット感がとにかく半端ないです。

もともとカナル型は圧迫感から苦手で、 BOSE QC30を好んで使っていました。

しかし、AirPods Proはインナーイヤー型と呼ばれる形で、特殊なイヤーチップのおかげで内部と外部の圧力を均一にしてくれます。

このおかげで、AirPods Proのインナーイヤー型は、カナル型が苦手な人でも大丈夫でした。(私は全く不快に感じませんでした。)

持ち運び・省スペースは、AirPods Pro

BOSE QC30 は、正直比べると大きくと場所を取ります。

その点AirPods Proは、通勤・旅行・ちょっとしたお出かけでも小さなサイズで約50gと全く邪魔にならないので、気軽に持ち出せるのが気に入っています。

総括

個人的に今回のAirPods Proは、2019年買ってよかったものベスト3に入るいいイヤホンです。

このサイズ感でアクティブノイズキャンセリング機能がついていて、実際に買ってみた人・Youtuberなどがノイズキャンセリング機能が素晴らしいと絶賛しているのが、わかります。

BOSE QC30 を今後使わないわけでなく使い分けで自宅で映画鑑賞などするときは、 BOSE QC30

普段遣いとしては、AirPods Proとして使い分けていきたいと思っています。

正直AirPodsあるから買わなくていいや!と思っている人・AirPods Proを検討している人は、今すぐにでも買ってみて!と自信を持っていえる商品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました